ジムビーム ハイボール缶 グレープフルーツ(シトラスハイボール)を飲んでみた | ウイスキー

2020年4月6日

ジムビームハイボール缶 グレープフルーツ

本日はジムビーム ハイボール缶のグレープフルーツ(シトラスハイボール)についてのレビューを行います。

こちらはサントリービーム社が販売を行うバーボンウイスキーの銘柄「ジムビーム」を使用して作られたハイボール缶の期間限定商品になります。

ビーム社や同銘柄を使用した通常のハイボール缶についてのレビューについても過去にアップしておりますので併せてお読みいただけると幸いです。

まず最初に、実際にジムビームのシトラスハイボールを飲んでみた結果としては、味や香りは非常に爽やかで飲みやすいので食中酒としては優秀な商品だと思いました。

味やカロリーなどの詳細については下記に記しますのでよろしくお願いいたします。

目次

「ジムビーム ハイボール グレープフルーツ(シトラスハイボール)」の詳細

値段 160円(想定小売価格)
アルコール度数 6%
内容量 350ml
熱量(以下100mlあたり) 44kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 2.5g
ナトリウム 0~12mg
糖類 1.5g
プリン体 0mg
原材料 ウイスキー・スピリッツ・グレープフルーツ・糖類・香料・酸味料・炭酸ガス含有

ジムビーム ハイボール缶 グレープフルーツの見た目について

期間限定商品のハイボール缶

缶のデザインは(当時の)通常のジムビーム ハイボール缶とほぼ同じ構成です。

缶上部の色味が緑系の色になっており、描かれているレモンがグレープフルーツに置き換わったという程度の変化ですね。

どちらにしても個人的にはあまり好みの見た目ではありません。

液色に関しては一般的なウイスキーハイボールの色味と大差はありませんね(´・ω・`)

香りを確認します

ジム・ビームハイボール缶とグレンケアン

缶を開けるとグレープフルーツの爽やかな香りが広がります。
スッキリとして夏に合いそうな非常に良い匂いです。

因みに本日ご紹介をするこちらのグレープフルーツ(シトラスハイボール)は昨年の春ごろに販売をされていた商品の様です。

長い間我が家の冷蔵庫の奥の方に眠っていたのですが、賞味期限が2020年3月までという事でギリギリの滑り込みでレビューを行っております(公開日は4月になりますが、記事を書いているのは3月30日です)。

先日公開をした通常版のジムビームハイボール缶のデザインが少し古いのもその為です(´・ω・`)

鼻を近づけて香りを確認してみると、缶を開けた際に最初に確認できたグレープフルーツの爽やかな香りをより一層強く感じます。

アルコールやウイスキーの香りなどはほぼ確認できません。

味を確かめます

美味しそうなハイボール

まず最初にグレープフルーツ由来の酸味や香りが適度に感じられます。

その後、ウイスキー由来の甘味をが後味として口の中に残ります。
結構甘いですね(´・ω・`)

嫌な甘さとは思いませんが人を選びそうな味ではあります。

全体的にはまあまあうまいとは思います。

アルコール度数が6%という事ですが、それを感じさせない仕上がりになっていますので、ついつい飲みすぎてしまわない様に注意が必要です。

ウイスキーのハイボールというよりは殆ど酎ハイに近い飲み心地ですね。

トリスハイボール缶の通常の方(濃いめでは無い方)に少し構成が似ているように感じます。

ジム・ビームのシトラスハイボール缶はトリスハイボール缶に比べると後味の苦みやえぐみがまろやかでより飲みやすい味わいに感じます。

全体的に悪くない仕上がりだとは思いますがバーボンウイスキーらしい表情は大分控えめですね。

味の最後の方にほんの少しだけ溶剤感も感じますが、意識をして味を確認していかないと殆ど見逃してしまいそうな程度になっています。

バーボンウイスキーらしさという点では物足りなさを感じる一本ではありますが、食中酒として夏の暑い時期に揚げ物等と一緒にグビグビ飲む分にはピッタリなお酒だと思います。

ジムビーム ハイボール缶の点数やコスパ、全体的な満足感やリピートについて

ハイボールとグレンケアン

この商品に点数を付けるのであれば100点満点中の67点です。

ジムビーム ハイボール缶のグレープフルーツ(シトラスハイボール)はバーボンにあまり馴染みの無い方に向けられた商品にだとは思うので、味わいについてもかなり軽やかで酎ハイの様な仕上がりになっています。

これから訪れる暑くて湿気の多い時期であれば最高に美味しくいただくことができる一本だとは思いますが、残念ながら諸事情によりまだまだ肌寒さの残る時期でのレビューとなっておりますので点数についても少し残念な結果に…(´・ω・`)

コスパについては普通ですね。
特に取り上げる必要も無いレベルです。

ジムビーム ハイボール グレープフルーツの全体的な満足度については、個人的には食中酒としては有能で満足度の高い製品だとは思います。

適度な酸味があり爽快で飲みやすい味わいは食事がどんどん進んでしまいそうな構成でした。

お花見やバーベキューなどのタイミングで販売されていればリピート買いをしても良いと思える内容ではありました。

ジムビームのシトラスハイボールは期間限定商品となってはいますが、割と毎年の様に再販が行われている準レギュラーの様な製品ですので、気になる方は次回の販売時に入手をされてみてはいかがでしょうか。

また、店頭では姿を消してしまってはいますが、どうしても欲しいという場合にはAmazonや楽天などのネット通販であればまだ取り扱いを行っている場合もありますので一度確認をしてみてください。

「ジムビーム ハイボール缶 グレープフルーツ(シトラスハイボール)を飲んでみた | ウイスキー」の総評

卓上のハイボール

本日はウイスキージムビームを使用したハイボール缶のグレープフルーツ(シトラスハイボール)味についてのレビューを行いました。

良くも悪くもバーボンらしさがあまり見えない構成となっていたこちらの製品は、ウイスキーに対してのライト層や女性にも好まれそうな内容となっていました。

また、その爽やかな香りや喉ごしは夏場の食中酒などにも向いていそうだと感じました。

今後もジムビームやその他ハイボール缶の新作フレーバーが販売された際にはレビューを行って参りますのでよろしくお願いいたします

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

ブラックニッカウイスキーのミニボトル

ブラックニッカ クリアやリッチブレンドなど | 種類や歴史をご紹介

ウイスキーとチョコレート

ウイスキー ティーチャーズ ハイランドクリームの評価や飲み方について | スコッチ

ウィルキンソン ハイボール缶

ウィルキンソン ハイボールを飲んでみた | アサヒビール・味・値段について

スコッチウイスキー

スコッチウイスキー バランタインの歴史とファイネストの味について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA