カップヌードル 激辛味噌の辛さや味について | レビュー

2020年6月13日

カップヌードル 激辛味噌

本日は日清食品から新発売された製品「カップヌードル 激辛味噌」についてのレビューを行います。

実際にこちらのカップ麺の味を確かめてみた結果としては、確かに激辛な製品ではありますが日本人の舌に合わせた丁度良いバランスの辛さとなっておりました。


また、ただ無駄に辛さだけが前面に出た構成という訳では無く、その味わいの中には旨みや深みもしっかりと感じられる巧みな仕事がありました。

カップヌードル 激辛味噌はコンビニやスーパーなどで取り扱われておりますので、気になる方は一度探してみてください。

近場では見当たらないという場合にはAmazonや楽天などの通販を利用されることをおすすめします。



本製品の辛さや値段、カロリー、味の詳細になレビューについては下記に記しますのでよろしくお願いします。

目次

「カップヌードル 激辛味噌」の詳細

値段220円(税別)
内容量108g(麺80g)
熱量512キロカロリー
たんぱく質11.4g
脂質23.7g
炭水化物63.3g
食塩相当量6.9g(麺・かやく 3.5g | スープ 3.4g)
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム237mg
原材料に含まれるアレルギー物質小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉
原材料油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)、スープ(豚脂、糖類、ポーク調味料、粉末みそ、でん粉、香辛料、ごま、大豆粉末、チキン調味料、食塩、小麦粉、魚醤、みそ調味料、酵母エキス、にぼし粉末)、かやく(味付豚ミンチ、キャベツ、赤唐辛子、コーン、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、香料、炭酸Ca、香辛料抽出物、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1

見た目の印象について

味噌味のカップヌードル

本製品のパッケージは黒い地色をベースに真っ赤な炎が燃え盛っています。

「辛さレベル5」という記載内容にもある通り、カップヌードル激辛味噌は相当な辛さであることが予想されます。

デザイン的には全体的にかなり前のめりで圧のある類に仕上げられており情報量は多め。

この若干暑苦しい感じは、本品のコンセプトともマッチしていると思います。



お湯を入れて3分待つと完成です。

具材のコーン謎肉ネギに細かく砕かれた唐辛子などが見えます。

唐辛子の量はパッと見た感じでも結構多めです(´・ω・`)辛そう

味を確かめます

美味しそうなカップラーメン

まずはスープからいただきます。

唐辛子がたくさん使用されているだけあり、スープはたしかに結構辛いです。

ただし、本品の辛さには瞬発力はありますが深さはそこまで無いかな(´・ω・`)



あくまでも「カップヌードル」というブランドの中ではレベルMAXな辛さではありますが、その他激辛系の製品全体と比較をした場合にはまだまだ食べやすい、普通に「うまい」と感じられる内容に仕上がっていました。


ある意味「日本人の好みに合わせた激辛商品」といった感じです。

先日当ブログ内でもレビューを行った韓国のカップ麺「ブルダック 炒め麺 カップ」やペヤングの激辛系の製品などの場合であれば、私の様な「一般的な辛い物好き」程度の者にとってはただ辛いだけで旨みも殆ど感じられない、食べることが苦行としか思えない様な構成となっておりましたが、本製品についてはそんな事はありませんでした。



食べ進めていく毎に唐辛子による刺激が増し徐々に辛さが加速しますが、それでも最後の一口まで旨みがしっかりと感じられる内容に仕上げられていました。

流石は日清食品ですね(´・ω・`)

点数や全体的な満足感、リピートについて

辛いラーメン

日清食品のカップヌードル 激辛味噌に点数をつけるのであれば100点満点中の77点です。

ある程度辛い物が好きな方にはおすすめをしたい製品です。

ただ辛いというだけでは無く、辛さの中にもしっかりとした旨味が感じられる本製品の内容にはきっと多くの方が満足をされると思います。



リピートについても個人的にはアリだと思っています。

またコンビニなどで見かけた際には購入をしたいと思います。

「カップヌードル 激辛味噌の辛さや味について | レビュー」の総評

カップヌードル 激辛味噌のパッケージ

本日はカップヌードル 激辛味噌という日清食品から販売されているカップラーメンについてのレビューを行いました。

同シリーズの中では比較的珍しい「辛さ」をコンセプトの一つとした製品ではありましたが、その味わいについては全体的にとてもバランス良く纏まっておりました。



食べ始めから食べ終わる最後の一口に至るまで全く飽きること無くいただく事ができました(´・ω・`)


こちらのカップ麺はコンビニスーパーなどで販売が行われておりますので、気になった方は一度ご自身で味を確かめてみてください。


万が一、お近くの小売店では入手が困難であるという場合には、楽天Amazonなどの通販サイトを利用してみてはいかがでしょうか。


今後も様々なカップラーメンについてのレビューを行いますのでよろしくお願いします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

美味しそうなトムヤムシュリンプヌードル

トムヤムクンのラーメンが美味しい | ヤムヤム トムヤムシュリンプヌードル

ホットタッカルビのパッケージ表

韓国の袋麺は辛い?| ホットタッカルビを食べてみた | 韓国風 汁なし炒めヌードル

即席赤からラーメン

赤からのラーメンを食べてみた | インスタント・袋麺

三養ラーメン

三養ラーメンを食べてみた | 作り方・袋麺・韓国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA