出前一丁 ゴリラ一丁ガーリックニラそば野郎の味やカロリーについて | インスタントラーメン

2020年5月31日

出前一丁 ゴリラ一丁

本日は日清食品から販売されているインスタントラーメン「出前一丁 ゴリラ一丁ガーリックニラそば野郎」についてのレビューを行います。

実際に味を確認してみた結果としては、商品のネーミングなどはふざけていますが、その味わい自体は間違いなく美味しいラーメンでした。


私はこちらの袋麺を近所のスーパーで購入しましたが、世間では近場で売ってないという方も多いそうです。


もしもお近くの販売店で見つけることができない場合には、Amazonなどの通販サイトを利用して入手されることをおすすめします。

味やカロリーなどの詳細については下記に記しますのでよろしくお願いします。

目次

「出前一丁 ゴリラ一丁ガーリックニラそば野郎」の詳細

内容量96g
熱量447キロカロリー
たんぱく質7.6g
脂質19.7g
炭水化物59.8g
食塩相当量6.4g(めん・かやく 2.3g | スープ 4.1g)
ビタミンB11.19mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム121mg
原材料に含まれるアレルギー物質小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉
原材料油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物)、スープ(植物油脂、食塩、糖類、ごま、粉末しょうゆ、香辛料(ペパー、ガーリック、マスタード、ローレル)、たん白加水分解物、香味油、クリーミングパウダー)、かやく(にら)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、カロチノイド色素、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB1、ビタミンB2

ゴリラ一丁の見た目の印象について

ゴリラ一丁のパッケージ裏

ゴリラ一丁のパッケージでは、出前一丁の看板キャラクターである「出前坊や」がワイルドなゴリラになっています。

予想外の成長ですね(´・ω・`;


パッケージデザインからも、本品が中々にパンチがあるインスタントラーメンである事が伺えます。


パッケージを開封すると麺、具材、スープが3食分ずつ入っていました。

ごまラー油については麺の袋の中に入っています。

◇パッケージへの記載内容
ごまラー油の香りが食欲を暴走させる、やみつき必至の一杯!

おいしい作り方

丼を温めてから麺を入れていただくと、いっそうおいしくなります!

①丼に「麺」、「具材」、「スープ」を入れ、熱湯450mlを注ぎます。
②ラップまたはフタをして5分後、めんを軽くほぐし、「ごまラー油」を入れてできあがり。
※お鍋で煮込む場合の目安
お湯の量:500ml 調理時間:1分30秒

出前一丁 ゴリラ一丁の香りを確認します

ゴリラ一丁の内容物

本品からはニラの香りを強く感じられます。

インスタントラーメンにしては珍しいかなりパンチのある香りです。


先日レビューを行ったチキンラーメン アクマのキムラーと似たような香りですね。


しかしゴリラ一丁の方は後入れでごま油を入れるので、アクマのキムラーと比べると多少はマイルドな匂いになっています。

にんにくの匂いはニラの香りが強すぎてそこまで目立ちませんね。

味を確かめます

美味しそうなインスタントラーメン

ニラとにんにくの風味が非常に強く、旨み溢れるワイルドな構成となっています。


出前一丁の代名詞ともいえるごまラー油の風味も感じられはしますが、ニラなどの香味成分にマスキングされているのであまり表情は見えません。

ゴリラ一丁は良くも悪くも本来の出前一丁とは全く別物に仕上がっています。

本品に使用されている麺については、熱湯をかけるだけで食べられる様にかなり細めの麺が採用されていますが、個人的にはこの麺の食感はあまり好みではありませんでした。



食べていてもあまりコシがありません。

公式の食べ方では待ち時間は5分となっていましたが、もっと短くすれば多少は印象が変わるのでしょうか(´・ω・`)?

ゴリラ一丁の点数や全体的な満足感やリピートについて

ニラ入りのラーメン

出前一丁 ゴリラ一丁に点数をつけるのであれば100点満点中の74点です。


味は確かにうまいが、同じ方向のインスタントラーメンであるチキンラーメンのアクマのキムラーの方が個人的には好みだったかな。

とは言えゴリラ一丁についても間違いなくうまい袋麺である事には変わりありません。

普段の出前一丁の味に飽きが来ている方や、インスタントラーメン自体に新しい刺激をお求めの方であればゴリラ一丁はおすすめです。

「出前一丁 ゴリラ一丁ガーリックニラそば野郎の味やカロリーについて | インスタントラーメン」の総評

麺とかやく・スープ・調味油

本日は出前一丁 ゴリラ一丁ガーリックニラそば野郎という日清食品から販売されている袋麺についてのレビューを行いました。

商品名からパッケージのイメージ図など、随所に遊び心を垣間見ることのできる本品は、一見するとネタに走ったイロモノ枠の製品にも見えますが、味自体は堅実にうまいラーメンでした。



カロリーについては一食447キロカロリーという事なので一般的な袋麺とは変わりありません。


系統的には「チキンラーメン アクマのキムラー」と同じ方向性の製品となっておりますので、本品が気に入った方はそちらの製品についても一度味を確かめてみてはいかがでしょうか。


今後も日清食品やその他メーカーのインスタントラーメン、カップ麺などについてのレビューを行って参りますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎

野郎ラーメンカップ麺 ニンニクマシマシ野郎はまずい? | カロリーや味について

全とろ麻婆麺

三宝亭のカップ麺「全とろ麻婆麺」の味や値段について | ファミマ

美味しそうなトムヤムシュリンプヌードル

トムヤムクンのラーメンが美味しい | ヤムヤム トムヤムシュリンプヌードル

三養ラーメン

三養ラーメンを食べてみた | 作り方・袋麺・韓国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA