わかめラーメンのカップ麺『辛口みそ』はうまい? | カロリーや味について | エースコック

2020年7月15日

わかめラーメン 辛口みそ

本日は2020年7月13日(月)にエースコックから発売されたカップ麺の新商品「わかめラーメン 辛口みそ」についてのレビューを行います。

実際にこちらのカップ麺の味を確認してみた結果としては、味は普通にうまいが辛さなどの個性や特徴的な要素はあまり目立たない仕上がりとなっており、少々残念な気持ちになりました。


わかめラーメン 辛口みそは全国のコンビニやスーパーで取り扱われておりますので、気になる方はご自身の身の回りのお店をチェックしてみてください。

カロリーや値段、味の詳細については下記に記しますのでよろしくお願いします。

目次

「わかめラーメン 辛口みそ」の詳細

値段220円(希望小売価格)
内容量91g(めん70g)
熱量389キロカロリー
たんぱく質10.2g
脂質159g
炭水化物53.4g
糖質49.3g
食物繊維4.1g
食塩相当量7.2g(めん・かやく 2.7g | スープ 4.5g)
ビタミンB10.42mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム314mg
原材料油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(粉末みそ、食塩、動物油脂、植物油脂、砂糖、ポーク調味料、カツオブシ、香辛料、カツオブシパウダー、魚醤(魚介類)、たん白加水分解物、ポークエキス、全卵粉)、かやく(ごま、わかめ、コーン、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、甘味料(カンゾウ)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1
原材料に含まれるアレルギー物質小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)

わかめラーメンについて

わかめがたっぷり入ったカップ麺

わかめラーメンはエースコックを代表するヒット商品の一つです。

1983年に生まれたわかめラーメンは同社にとっての悲願であった看板商品へと成長を遂げます。

食の安全や品質へのこだわりが随所に詰まった同製品は、他社の製品には無い独自性の高さとクオリティが融合した逸品です。


元々は一種類しか存在していなかったわかめラーメンではありますが、現在では「わかめそうめん」や「わかめラーメン ごま・みそ」、「EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍」に袋麺タイプの製品など、様々なバリエーションで展開が行われています。



直近で言えば麺の入っていない「わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ」という製品が発売され世間の注目を集めました。

本日はそんなエースコックが新たに発売した「辛口みそ」の味を確かめていきます。

見た目の印象について

お湯を入れる前のカップ麺

パッケージはオレンジ色がテーマカラーとなっており、たっぷりのわかめやコーンがのったヘルシーな雰囲気の完成イメージ図が掲載されています。

味噌だからオレンジ色なのかな(´・ω・`)?


緑色とは対比色に近い色味をしている為に、主役であるわかめの色味がより際立って目に飛び込みます。


成分表を見る限り、カロリーについては一般的なカップ麺と変わりありませんね。

わかめラーメン 辛口みそには後入れ用の調味油とかやくが付属しています。


お湯を入れて3粉待つと、水分を吸収してもどったわかめで麺が埋もれていました。


かやくにはたっぷりの魚粉が入っていました。

香りを確認します

味噌の香りとわかめや魚粉由来の海鮮系の香りがとてもマッチしていますが、ちょっと上品すぎて弱々しい印象も。

香りに関しては何ともコメントし辛い仕上がりとなっていますが、肝心の味で挽回をしてくれる事を期待します。

味を確認します

エースコックのカップ麺

まずはスープからいただきましたが、味はそこまで辛くは無いですね。

少しピリッとする程度でとても食べやすい構成になっています。

わかめと魚粉の風味もとても良く出ており、それなりにうまいカップ麺だとは思いますが、個人的にはもう少し刺激的な仕上がりであった方が好みではありました。

想像以上に辛さは少なくあっけない味付けとなっていますので、お好みでバターを加えるなどのアレンジを施した方が、全体に深みが増して美味しくなるのではと思いました。

わかめラーメン 辛口みその点数や満足度などについて

美味しそうなインスタント麺

わかめラーメン 辛口みそに点数をつけるのであれば100点満点中の69点です。


わかめラーメンにしては「辛口」であったかもしれませんが、一般的なカップラーメンの感覚で言えば辛口と言う程ではない普通の味付けでした。


私自身はわかめラーメン自体はとても好なのですが、本品に関しては不満な点が多かったというのが本音です。




エースコック的には攻めた商品だったのかもしれませんが、いまいちコンセプトが伝わりづらい構成になっていました。


攻めるなら攻めるでもっとゴリゴリと力押しな要素があっても良かったと思います。


わかめラーメンブランドを大切にしすぎたが故に攻めきれなかった感じでしょうか?

今回は期待外れに終わった部分も多くありました(´・ω・`)

「わかめラーメンのカップ麺『辛口みそ』はうまい? | カロリーや味について | エースコック」の総評

カップ麺と調味油

今回はエースコックの新商品「わかめラーメン 辛口みそ」についての評価を行いました。

実際にこちらの製品の味を確認してみた感想としては、味自体は普通にうまいのですが全体的にあまりメリハリの無い構成となっており少々残念な仕上がりだと感じました。



本家わかめラーメン自体は定期的に買い溜めを行う程度には好きな商品なのですが、本品については微妙だと感じました。

とはいえ今後も同製品の新シリーズが出れば購入をして応援をしていきたいとは考えておりますので、次回作に期待をします。


今後もわかめラーメンやその他カップ麺についてのレビューを行って参りますのでよろしくお願いします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

海鮮パーティーラーメン

海鮮パーティーラーメンの辛さや味について | 韓国・袋麺

ヤムヤムのシーフードヌードル

ヤムヤムのラーメンはまずい? | スパイシーシーフードヌードルを食べてみた

マタドール×闘牛脂W監修 富山ブラック風牛まぜそば

『マタドール×闘牛脂W監修 富山ブラック風牛まぜそば』の味やカロリーについて | 明星

韓国の袋麺

スパイシーノグボナーラを食べてみた | 作り方や味について | 韓国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA