マルタイの棒ラーメン 屋台とんこつ味を食べてみた

2020年5月21日

棒ラーメン 屋台とんこつ味の中身

本日はマルタイから販売されている「棒ラーメン 屋台とんこつ味」についてのレビューを行います。

実際にこちらの豚骨ラーメンを食べてみた感想としては、濃厚な味わいを持ちながらもペロリと完食できてしまう食べやすさも併せ持つ、とてもうまい製品でした。


味の詳細などについては次項に記しますのでよろしくお願いします。

また、過去に行った通常の棒ラーメンについてのレビュー記事へのリンクも下記に添付しておきますので、併せてお読みいただければ幸いです。

◇ あわせて読みたい

目次

「棒ラーメン 屋台とんこつ味」の詳細

内容量170g(85g×2)
熱量(1食当たり)301キロカロリー
たんぱく質11.9g
脂質4.0g
炭水化物54.4g
食塩相当量4.4g(めん・かやく:1.3g スープ3.1g)
カリウム700mg
特定原材料小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン
原材料めん(小麦粉(国内製造)・食塩・植物性たん白・還元水飴)・スープ(ポークエキス・ポークオイル・食塩・植物油脂・粉末しょうゆ・野菜粉末・糖類(ぶどう糖・砂糖)・粉末油脂・香辛料・たん白加水分解物・ねぎ・チキンエキス・酵母エキス・食物繊維)/調味料(無機塩等)・かんすい・pH調整剤・クチナシ色素・ポリグルタミン酸・カラメル色素・香料・酸化防止剤(ビタミンE)


本製品の作り方に関しては通常の棒ラーメンと変わりありませんので省略いたします。

マルタイの棒ラーメン 屋台とんこつ味の見た目について

オレンジ色のパッケージの棒ラーメン

マルタイの豚骨ラーメンのパッケージはオレンジ色の地色に美味しそうな本品のイメージ図が掲載されています。


通常の棒ラーメンよりも製品の完成図が伝わりやすいので、個人的にはこちらの製品の方がパッケージのデザインは好みです。


屋台とんこつ味のパッケージを開封すると中には粉末スープ調味油がそれぞれ二つずつ封入されていました。

この辺りは通常版と同じですね。

味を確かめます

調理後の豚骨ラーメン

マルタイの棒ラーメン 屋台とんこつ味は濃厚でこってりとした味わいがとても美味しいです。

ただし本品はノンフライ麺を使用しているため、食べていて「重たい」と感じることはありませんし、油揚げ麺特有の臭みなどもありません。


濃い目な味付けでありながらもスルスルと食べられてしまう絶妙なバランスに仕上げられています。

あっさりめなこってりラーメン?みたいな感じです(´・ω・`)

点数や全体的な満足感、リピートについて

とんこつ味のラーメン

棒ラーメン 屋台とんこつ味に点数をつけるのであれば100点満点中の80点です。

個人的にははっきりとした味付けが好みなので、本品は通常の棒ラーメン以上に好みな味付けに仕上がっていました。


通常版の製品には若干の物足りなさを感じる…という方にも、より強く旨味が感じられる屋台とんこつ味はおすすめです。


いやまあ普通の棒ラーメンでも文句なしにうまいんですが(´・ω・`)

本品は更にうまさに磨きがかかっているという感じなんです。

「マルタイの棒ラーメン 屋台とんこつ味を食べてみた」の総評

マルタイのラーメン

本日はマルタイの棒ラーメン 屋台とんこつ味についてのレビューを行いました。

実際にこちらの豚骨ラーメンを食べてみた感想としては、濃厚な旨みを持ちながらもスルスルと食べることができるバランスの良い内容なっていました。

スープ自体は良い意味で割としっかりとした豚骨の風味が感じられますので、普段食べている豚骨味の袋麺よりも更にもう一歩踏み込んだ仕上がり、クオリティの製品をお求めの方には本品をおすすめいたします。



今後もマルタイやその他メーカーのラーメンについてのレビューを行ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

ブルダック 炒め麺

ブルダック 炒め麺 カップの辛さや種類について

マルタイの棒ラーメン

マルタイ 棒ラーメンはまずい? | おすすめの食べ方や作り方について

マタドール×闘牛脂W監修 富山ブラック風牛まぜそば

『マタドール×闘牛脂W監修 富山ブラック風牛まぜそば』の味やカロリーについて | 明星

「ヤムヤム トムヤムシュリンプクリームヌードル」の外袋

トムヤムクンラーメンがインスタントで味わえる | ヤムヤム トムヤムシュリンプクリームヌードル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA