立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスのカロリーや値段について | 日清

2020年5月30日

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス

本日は2020年5月18日に日清食品から発売された「立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス」というインスタント食品についてのレビューをしていきたいと思います。

実際にこちらのインスタント食品を食べてみた感想としては、ニンニクや豚骨の風味がしっかりと感じられるパンチの効いた味わいでとても美味しかったです。


もしも近場でウマ汁こってりマシライスが見当たらないという場合には、Amazonや楽天などの通販サイトを利用されることをおすすめします。

カロリーや値段、味の詳細などは下記に記しますのでよろしくお願いいたします。

目次

「立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス」の詳細

値段263円 (税別)
内容量98g (ライス量 69g)
熱量402キロカロリー
たんぱく質8.8g
脂質10.9g
炭水化物67.1g
食塩相当量4.8g
原材料に含まれるアレルギー物質小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン
原材料ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、ポーク調味料、食塩、砂糖、チキン調味料、でん粉、植物油脂、粉末しょうゆ、香辛料、クリーミングパウダー、小麦粉、ゼラチン、香味調味料、酵母エキス)、味付肉そぼろ、にんにく、赤唐辛子/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、香料、カラメル色素、乳化剤、増粘多糖類、香辛料抽出物、セルロース、リン酸塩(Na)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、炭酸Ca、シリコーン


立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスは見た目の割にカロリーは割と高めなので、その旨を把握したうえでいただいてください(´・ω・`)

ウマ汁こってりマシライスの作り方

①フタの上の特製アブラの袋を取り、フタを半分まではがす。
②熱湯を内側の線までゆっくりと、まんべんなく注ぐ。
③フタをして5分待つ。
④フタをはがし、特製アブラを入れ、よくかきまぜてできあがり。




パッケージへの記載内容

「不謹慎にウマい!」

「ニンニクもしっかりきいてマシ。
ブタ!アブラ!こってり豚骨醤油飯!」

「ブタ・アブラ・ニンニクが絶妙に溶け込んだ豚骨醤油味のスープ。
すべての素材が我先にコメと絡み合う、濃厚な一杯でございマシ。」

ウマ汁こってりマシライスの見た目の印象について

インスタント食品のパッケージ裏

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスのパッケージは彩度の高い黄色がテーマカラーとして使用されており、その中に本品の完成イメージと雑な豚のイラストが掲載されています。

…ブタメンかな(´・ω・`)?

蓋の上には特製アブラが付属されています。


パッケージを開封すると中には乾燥した米と肉、粉末のスープが入っていました。

それらにお湯を注いで5分が経過すると完成です。

パッケージのイメージ図と殆ど変わらない見た目をしています。

香りを確認します

ウマ汁こってりマシライスの中身

蓋をはがすと強烈なニンニクの香りが辺り一面に立ち込めます。

食欲をそそる非常に良い香りですが、これだけしっかりとニンニクの匂いが感じられるという事は、平日のランチなどには不向きかもしれませんね(´・ω・`)



あとはスープのベースとなっている醤油の香りなども感じられます。


仕上げの脂を加えると、豚骨由来の若干の獣臭が添加されます。


とは言えそこまで癖の強い香りでは無く、この独特の癖が却って食欲をそそるという絶妙な構成に仕上げられています。

味を確かめます

美味しそうなインスタント食品

口に含むとやはりニンニクの香りを強く感じます。

これはウマいです(´・ω・`)

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスの中には砕かれたニンニクの欠片が沢山入っており、それらによってこのパンチの効いた味わいが実現されています。


こちらのインスタント食品は豚骨醤油の旨みもしっかりと感じられる仕上がりとなっており、ただ風味が特徴的というだけではなく、塩味や辛みなどの要素についても非常にバランスよく感じられます。



旨すぎてあっという間に食べきってしまいました(´・ω・`)

ニンニク好きな方には特におすすめしたい味わいでした。

本品の点数やコスパ、全体的な満足感などについて

ニンニク風味のインスタント食品

日清食品のウマ汁こってりマシライスに点数をつけるのであれば100点満点中の81点です。

本品は米が主体となっている製品なのでカロリーは割と高めなのですが、そういった事を感じさせない程にペロリといただくことが出来てしまいます。

ニンニクや豚骨など、多少の癖もある製品なので女性にはあまり好まれない製品かもしれませんが、本品のメインターゲットであろう男性には大変おすすめな製品です。




欲を言えば、もう少しボリューム感があれば尚良かったと思います。

内容量がもう少し多ければ点数についてもあと数点は伸びたかな(´・ω・`)


コスパについては定価が263円 (税別)という値段設定なので、決して良くはありませんが悪くも無いと思います。

「立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスのカロリーや値段について | 日清」の総評

ウマ汁こってりマシライスのフタと調味油

本日は日清食品から新発売されたインスタント食品「立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス」についてのレビューを行いました。

こちらのインスタント食品を実際に食べてみた結果としては、パッケージに記載されている


「ニンニクもしっかりきいてマシ。ブタ!アブラ!こってり豚骨醤油飯!」


という文言に偽りの無いパンチのある内容に仕上げられておりました。

普通のインスタント食品では物足りないと感じている方にもおすすめな個性豊かな構成になっています。


ただしカロリー、値段共に若干高めな製品なので、いただく際にはご注意ください。

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスはコンビニやスーパーなどで広く取り扱いが行われていますが、もしもお近くの販売店では売ってないという場合には、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどの通販サイトを利用して購入されることをおすすめします。



今後も日清食品やその他メーカーの製品のレビューを行ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

金吾堂のせんべい

金吾堂のせんべい「わさびの極」の味や値段について

可愛らしいパッケージのチョコ

チョコレート ルックの『具材を味わうルック 実感あまおう苺ソフトクリーム』を食べてみた | 不二家

二つの丸ぼうろ

黒糖丸ぼうろのカロリーや味について | 有限会社かわた

湖池屋 ポテトの素顔

湖池屋 ポテトの素顔のカロリーや味について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA