旅するエスニック トムヤムクンヌードルのカロリーや味について | まずい?美味しい?

2020年5月1日

日清のカップ麺

本日は日清食品から販売されているカップラーメン「旅するエスニック トムヤムクンヌードル」についてのレビューを行います。

まず最初に結論として、実際にこちらのカップ麺を食べてみた感想としては、トムヤムクンの割には癖が少ない日本人の味覚に合わせた美味しい一杯でした。


「旅するエスニック」というシリーズは日清食品が2020年3月23日に新たに販売を開始したブランドの商品で、本日ご紹介をするトムヤムクンヌードル以外にも、グリーンカレーヌードルという商品も同時に発売が開始されております。



本製品の味やカロリー、値段などについては次項で記しますのでよろしくお願いします。

過去に行った他社のトムヤムクン ラーメンについてのレビューも下記に添付しておきますので、併せてお読みいただければ幸いです。

◇ あわせて読みたい

目次

「旅するエスニック トムヤムクンヌードル」の詳細

値段193円 (税別)
内容量76g
熱量298キロカロリー
たんぱく質6.1g
脂質7.8g
炭水化物50.8g
ビタミンB10.20mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム125mg
食塩相当量5.1g(めん・かやく 1.3g:スープ 3.8g)
原材料に含まれるアレルギー物質えび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉
原材料めん(小麦粉(国内製造)・食塩・植物油脂・しょうゆ・大豆食物繊維・卵粉・チキン調味料)・スープ(食物油脂・トムヤムペースト(タイ産)・食塩・糖類・クリーミングパウダー・唐辛子調味油・乳等を主要原料とする食品・チキン調味料・香辛料・パクチー)・かやく(味付えび・ねぎ)/加工でん粉・調味料(アミノ酸等)・酸味料・かんすい・炭酸Ca・香料・カロチノイド色素・香辛料抽出物・乳化剤・酸化防止剤(ビタミンE)・ビタミンB2・ビタミンB1・炭酸Na
パッケージの主な記載内容①本場のおいしさ!7種のスパイス使用・ノンフライヌードル
②お家でカンタン旅気分♪

旅するエスニック トムヤムクンヌードルの作り方

カップ麺のパッケージ側面

①フタを半分まではがし、粉末スープ・トムヤムペースト・具材の袋を取り出す。
②具材を入れ、熱湯を内側の線まで注ぎ、フタをする。
③トムヤムペーストをフタの上で温める。
④フタをして4分後、めんをほぐし、粉末スープとトムヤムペーストを入れ、よくまぜてできあがり。

トムヤムクンヌードルの見た目について

カップ麺のパッケージ裏

旅するエスニック トムヤムクンヌードルのパッケージは非常にオリエンタルで装飾的な見た目をしています。

配色については個人的にはあまり好みではありませんが(´・ω・`)

辛さレベルは「5段階の2」と表記されていますが…これはどっち?
あまり辛くないという事でしょうか(´・ω・`)


パッケージを開封し中を確認すると、細めの麺(ノンフライ)、かやく、粉末スープ、トムヤムペーストのが入っていました。


お湯を入れて4分待つとできあがり!

赤々とした見た目が食欲をそそります。

これは絶対に美味しいやつです(´・ω・`)

香りを確認します

トムヤムクン特有の酸っぱい香りを強く感じます。
匂いだけでも汗が噴き出してきそうです(´・ω・`;

味を確かめます

麺とスープとかやく

まずはスープから確認をします。
酸味はそこそこ程度ですが、辛みは割としっかりしています。


これで本当に辛さレベルが「2」なの?
私は辛い物が好きなので問題はありませんが苦手な方にはちょっとつらい辛さかもしれません。

細めの麺はツルツルとした食感をしており喉越しが良く美味しいです。


酢と唐辛子の影響によって代謝が高まり、顔や頭からは汗が噴き出してきます(´・ω・`;アツイ

旅するエスニック トムヤムクンヌードルの点数や全体的な満足感について

美味しそうなトムヤムクンヌードル

旅するエスニック トムヤムクンヌードルに点数をつけるのであれば100点満点中の75点です。

日本人の好みに合わせたトムヤムクン風のラーメンといった感じで美味しいです。


先日レビューを行ったヤムヤムのトムヤムクンラーメン(タイ産)と比べるとスープには癖が少なく初めて食べる方であっても割と食べやすい内容になっています。


代わりに味の深みは据え置きで、後味はちょっとすっきりし過ぎかな(´・ω・`)

ヤムヤムの味を食べなれている方にとっては若干の物足りなさを感じるかもしれませんが、癖の少ないライトな仕上がりは日本人でも食べやすい構成になっていると思います。


まあトムヤムクン自体が好き嫌いの分かれる癖の塊の様な食べ物ではありますが(´・ω・`)

トムヤムクンはうまい、まずいがはっきりと分かれる食べ物ではありますが、その中でも少しでも多くの方に美味しく食べてもらいたいという願いが、本製品には詰まっていると思います。



麺に関してはヤムヤムよりも遥かに美味しいです。
圧勝です(´・ω・`)


その他に書いておくこととしては、カロリーがカップ麺としては控えめな点も本製品の大きな特徴だと思います。

一食で298キロカロリーという事なのでかなり頑張っています。

「旅するエスニック トムヤムクンヌードルのカロリーや味について | まずい?美味しい?」の総評

旅するエスニック トムヤムクンヌードル

本日は日清食品から発売されたカップラーメン「旅するエスニック トムヤムクンヌードル」についてのレビューを行いました。

こちらの製品はトムヤムクン特有の酸味や辛みがしっかりと感じられる内容でありながらも、日本人の味覚にも合う癖の少ない構成に仕上げられており美味しかったです。



タイの製品(ヤムヤム)と比べると麺のレベルは圧勝でしたね。

旅するエスニック トムヤムクンヌードルはカロリーが控えめな点もポイントが高いです。


ノンフライ麺を使用しているとはいえ、カップラーメンで一杯が298キロカロリーというのはかなり頑張っていますね。

またリピート買いをして、私もこちらの製品を応援したいと考えております。

日清食品のトムヤムクンヌードルはコンビニスーパーなどで取り扱われておりますので、気になった方は一度近場のお店で探してみてください。

実店舗の方では見当たらないという場合にはヤフーショッピングやAmazon、楽天などの通販サイトを利用されると便利です。



今後もインスタントラーメンやその他食品についてのレビューを行いますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

コカコーラ エナジー

コカコーラ エナジーの成分やカフェイン含有量について

めんべいの箱

めんべいはAmazonでの通販が送料無料でおすすめ | 種類・お土産

三種類のサンドケーキ

チロルチョコのサンドケーキの味やカロリーについて | ヤマザキ・コラボ・パン

完熟トマトカレー

いなば カレー缶を食べてみた | 完熟トマトカレー | 缶詰・レトルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA