UHA味覚糖 つむグミの味はおいしい? | 値段や味について

2020年6月6日

UHA味覚糖 つむグミ

本日はUHA味覚糖から販売されているお菓子「つむグミ」についてのレビューを行います。

こちらのグミは文字通り「つむ(積む・積み上げる)」事が可能な食べて美味しい、遊んで楽しいお菓子なんです。

ある意味では知育菓子の様な側面を併せ持つこちらのお菓子を実際に食べてみた結果としては、味自体には良い意味で個性は無いが堅実に仕上げられたおいしいグミでした。


私が子供の頃は親からも「食べ物で遊ぶな」などと言われたものですが、本品に関しては販売元であるUHA味覚糖が公式に遊びながら食べる事を推奨しています(´・ω・`)



親の目を気にすることなく堂々と遊ぶことが可能なこちらのグミは、子供にとっては二度おいしいお菓子であると思います。


つむグミはスーパーやコンビニなどで広く販売が行われておりますので気になる方はお近くの小売店を探してみてください。

近場では売ってないという場合はAmazonや楽天など通販サイトを利用する事をおすすめします。

つむグミの値段や積み方、味の詳細などについては下記に記しますのでよろしくお願いします。

目次

「つむグミ」の詳細

値段194円(税抜)
内容量102g
熱量(以下100gあたり)312キロカロリー
たんぱく質6.7g
脂質0g
炭水化物74.0g
食塩相当量0.02g
原材料に含まれるアレルギー物質りんご・ゼラチン
原材料【いちご】水飴、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ゼラチン、濃縮果汁(りんご、いちご)、植物油脂/酸味料、香料、マンニトール、光沢剤、着色料(赤色40号)、(一部にりんご・ゼラチンを含む)・【グレープ】水飴、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、植物油脂/酸味料、香料、マンニトール、光沢剤、(一部にゼラチンを含む)・【マスカット】水飴、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ゼラチン、濃縮マスカット果汁、植物油脂/酸味料、香料、マンニトール、光沢剤、着色料(黄色4号、青色1号)、(一部にゼラチンを含む)・【瀬戸内レモン】水飴、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ゼラチン、レモン果汁、濃縮りんご果汁、植物油脂/酸味料、香料、マンニトール、光沢剤、着色料(黄色4号)、(一部にりんご・ゼラチンを含む)


本製品は、小麦・卵・乳・大豆を含む製品と共通の設備で製造しています。

つむグミ ビッグについて

つむグミのパッケージ裏

以前はコンビニなどを中心に「つむグミ ビッグ」という本品よりも内容量が二倍程多い製品が販売されていたようですが、現在では取り扱いを行っている通販サイトは見当たりませんでした。

つむグミ ビッグには4種類の形のみが入っていたとの事なので、現行の製品と比べると2種類少ない模様。


消費者側の選択肢が減ったという点ではビッグサイズの販売が中止されてしまった点は残念ではありますが、肝心の中身については現行品の方が取り扱うパーツの種類も多い様なのであまり気にする事も無いのかな(´・ω・`)



まあ大量に欲しい場合は2袋買えということですかね(´・ω・`)

見た目の印象について

6種類のつむグミ

パッケージは水玉模様の入ったスカイブルーの地色に、キューブ状に組まれた本品のイメージ図が掲載されています。

原色を多用したパッケージデザインは良い意味で子供っぽい可愛らしい見た目をしています。

使用されているゴシック体のフォントも可愛くて良いですね(´・ω・`)



商品のコンセプトや対象となる層が分かりやすいつむグミのパッケージデザインは、個人的には評価は高めです。

中身を確認してみた結果、グミの総数は「27個」でした。


◇味の内訳
・7個(いちご味・グレープ味・マスカット味)
・6個(レモン味6個)

◇形の内訳
・L字形6個(いちご味3個・グレープ味3個)
・T字形6個(いちご味4個・マスカット味2個)
・くの字形5個(レモン味5個)
・Z字形5個(マスカット味2個・グレープ味3個)
・正方形4個(マスカット味3個・グレープ味1個)
・I字方1個(レモン味1個)



味ごとの内容量としてはそれぞれ6~7個ずつとバランスよく振り分けられてはいますが、形についてはかなりの偏りが見られます。


今回は1パックしか購入を行っておりませんので本製品の平均的な(味・形についての)内訳については分かりませんが、今後購入を検討されている方にとって少しでも参考になれば幸いです。


まあ値段もかなりやすいお菓子なので、購入に対してそこまで神経質になる方は少ないとは思いますが(´・ω・`)

つむグミを実際に積んでみた

キューブ状のつむグミ

では実際につむグミを積んでみたいと思いますが、今回は使い捨てのビニール手袋を装着して行っていきたいと思います。

その理由としては、この後自分で食べるとは言えあまり食べ物をベタベタと触りたおしたくは無いからという点と、組んでいる際に手にかく汗や人間の手が持つ油分によりグミがベタベタになってしまうかもしれないという状況を防ぐためです。



まあ普通の理由ですね(´・ω・`)

とりあえずパッケージにも掲載されている3×3×3の立方体を作ってみました。

グミはまだまだ余っていますので頑張ればもっと大きなキューブを組むことも可能だとは思いますが、私はパズル系の計算は苦手ですので今回はこれで満足したいと思います。


こういった立体パズルの構成に自信があるという方は、もっと大きなサイズのキューブに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただしその際の注意点として、現在の季節が6月である事も影響してか、つむグミは手に持った感触が非常に柔らかくなっております。

私が今回作成した程度の大きさであればさほど問題にはなりませんが、これ以上大きなサイズのキューブを作ってみたいと考えているガチ勢の方の場合は、本品を事前に冷蔵庫で冷やしておき硬さを調整しておく方が良いかもしれません。



とは言えつむグミは値段の安い子供お菓子なのでそこまで考える必要も無いとは思いますが、一応参考までに(´・ω・`)

味を確かめます

美味しそうなグミ

香りについてはどれも本物以上に本物っぽい匂いをしています。

4種類全ての味に共通して言える事ですが、味には癖が無く程よい酸味が効いておりとてもおいしいですね(´・ω・`)

良い意味で、どのフレーバーについても以前何かの製品で食べたことのある馴染み深い味となっており、非常に安心をしていただく事ができます。

食べやすさを重視して、あえて没個性な味にしているのかもしれませんね(´・ω・`)



食感はモチモチとした弾力が主体となっており、グミの中では中庸な固さとなっています。

つむグミはお子さんにも食べやすい固い過ぎず、柔らかすぎずな食感に仕上げられていました。

点数やコスパ、全体的な満足感について

可愛らしいデザインのお菓子

つむグミに点数をつけるのであれば100点満点中の76点です。

今までにありそうで無かった面白い商品ですね。


食べ物で遊んでも怒られないという子供にとってもメリットの大きい製品で、且つ頭の体操にも役立ちそうな点もポイントが高いです。

味自体はどこかで食べた事のある様な仕上がりとなっており個性的とは言えませんが、本品に関しては遊ぶ事が主役となっている感もありますので全然気にはなりません。



まあ味自体に個性はありませんが、普通においしいので全く問題ありません(´・ω・`)

値段についても税込みで200円強という事なのでコスパも悪くは無いと思います。

「UHA味覚糖 つむグミの味はおいしい? | 値段や味について」の総評

UHA味覚糖のグミ

今回はUHA味覚糖の「つむグミ」についてのレビューを行いました。

本品は「楽しい」「おいしい」を両立したお菓子で、お値段以上の満足度を得られる優れた製品だと感じました。


遊びながら食べて頭の体操にもなるつむグミは小さなお子様にもおすすめしたい商品です。


つむグミはスーパーやコンビニなどで広く取り扱われてはおりますので、気になった方はお近くのお店で探してみてください。

近場では売ってないという場合にはAmazonや楽天などの通販を利用されることをおすすめします。



今後もグミやその他お菓子についてのレビューを行ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

湖池屋 ポテトの素顔

湖池屋 ポテトの素顔のカロリーや味について

森永 ガトーショコラ

森永のガトーショコラを食べてみた | カロリーやチョコパイとの比較について

焦がしキャラメルナッツ

焦がしキャラメルナッツ カシューナッツのカロリーや味について | 東洋ナッツ

冬のチョコパイ<深みミルク仕立て>の箱

冬のチョコパイ<深みミルク仕立て>を食べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA