管理人おすすめのYouTuberについて①

2019年6月15日

目次

皆さんは「YouTube」を利用されたことはありますか?
YouTubeは2005年にアメリカで運用が開始されたサイトで、基本的には誰でも無料で動画の公開や視聴が出来るサービスが人気の超大型動画投稿サイトです。
あれほどの有名サイトなので、こんな辺境のブログにまで足をお運びになられる方達であれば、当然ほとんどの方が一度は利用した事があるのではないかと思います。
そのYouTubeを中心として動画を高い頻度で公開し続けている方々は「YouTuber」と呼ばれており、YouTuberは最近の小学生の将来なりたい職業にもランクインするほど人気の高い「仕事」となっています。
一言でYouTuberと言っても彼らの投稿する動画のジャンルは本当に様々で、バラエティー系からスポーツ系、暮らしの便利グッズやノウハウ系から趣味に料理にゲーム実況など、本当に多様な動画が基本的には無料で一般公開されています。

YouTubeの収益化について

YouTuberの公開している動画は基本無料で視聴することが出来ますが、だからと言って彼らも世間の人を楽しませる為だけに動画の公開を行っている訳ではありません。当然ですよね(´・ω・`)
世の中そんなボランティア精神に溢れた暇人ばかりではありません。
ちゃんと収益化が可能であるからこそ動画を投稿するのであり、結果、多くの人々に支持されるサイトになっているのです。

YouTubeの収益化の方法として最も有名で一般的な方法としては動画の再生中に広告を表示するというもので、その広告が表示されたりクリックされることによりYouTubeからの収益を得ることが可能となります。
収益化についての細かな条件や単価等については今回の話の本題とは違った内容となりますので、詳しい説明は次回以降とさせていただきます。

今回の記事はそんなYouTuberに光をあてて記事を書いていきたいと思います。
まずYouTuberと言えば「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」あたりが現在最も日本人に知名度があり成功を収めている存在である言えると思います。
因みに管理人は有名ユーチューバーの中は「セイキン」さんが好きです。安定感があるよね(´・ω・`)

彼らはYouTuber黎明期から動画投稿をおこなってきており、この業界のパイオニア的な存在と言えます。
仮にヒカキンやはじめしゃちょーの動画をまだ見たことが無い…という方であってもその名前くらいは大抵の方が知っているのではないでしょういか。
今回は今現在はまだそこまで有名という訳ではありませんが、個人的に好きでよく動画を見ているYouTuberを紹介したいと思います。

トッカグンについて

管理人お勧めのユーチューバー、まず一人目は「トッカグン」です。
トッカグンは小野寺 耕平(おのでら こうへい)と佐藤昌宏 (さとう まさひろ)の元自衛官二人組で結成された吉本興業所属の芸人兼ユーチューバーです。
ユーチューブのチャンネル登録数は13万人を超えており既にユーチューバーとしては多数の固定ファンがいます。
彼らはその特異な経験を活かした自衛隊のあるあるネタ等でこれまで着実にファンを獲得してきました。
トッカグンの動画はただの面白ネタというだけではなく、身近な道具を利用しての非常時の対処法などが多数紹介されており見ていてとても勉強になります。

戦闘糧食の動画について

そんな彼らトッカグンの動画の中でも私が個人的にイチオシしたいジャンルは世界各国の戦闘糧食(レーションや軍隊飯、ミリ飯等とも呼ばれる)をトッカグンが食べて紹介をするシリーズの動画です。
戦闘糧食とは世界中の軍隊(日本であれば自衛隊)が実際に戦地での補給の際に食べている食料の事なのですが、トッカグンの動画では世界各国の個性溢れる戦闘糧食が頻繁に紹介されており、その糧食からは製造した国の地域性や文化、宗教などの背景も垣間見ることが出来るので見ていて非常に面白いです。
例えば他民族文化のアメリカであればベジタリアンに配慮した肉を一切使用していないベジタリアン用の糧食なども存在しており、その様子もトッカグンの動画中で紹介されています。
また戦闘糧食の中にはお手拭きやガム、粉末飲料など生きる上で必ずしも無くてはならない物ではありませんが、過酷な戦地で戦う兵士を気遣った多種多様な付属品等が各国の糧食の中には封入されており、そこにもそれぞれの国の個性が見て取れます。

戦闘糧食について思う事

トッカグンの動画中では戦闘糧食は一日分を一気に紹介する場合が多いのですが、殆どの国で、とても一日で消費しきれるとは思えない程に沢山の粉末やパック入りの飲料が付属品として封入されている事に私は非常に驚きました。
と同時に、戦地に赴くという事は各国・各部隊で危険度に違いはあれど皆当然死と隣り合わせでいるはずなので、頻繁にティーブレイク等の小休止を挟まなければやっていられない程に酷いストレス下に晒されている状況なんだな…とも感じ複雑な気持ちにもなります。
食べる、飲むという行為はそれだけで大きなストレスや不安の発散に繋がりますからね。

普段戦場から遠く離れた地にいる私には実際に戦闘糧食が消費されている現場がどんな様子か等は全く分かりません。
根本的には本来戦闘糧食なんてものは、世間から光が当たる事が無い方が良い物である事は間違いありません。食べ物と言っても本来は軍事物資ですからね(´・ω・`;
なんか上手く纏められない上に胡散臭さというか、エセ社会派の様な記事になってきたので軌道修正をします。
ここはそういうサイトではないねん。アカンアカン(´・ω・`)

管理人おすすめのYouTuberについて①まとめ

この様にトッカグンの動画では各国の文化の違いが色濃く出た様々な戦闘糧食が紹介されており、見ていて飽きません。
また、彼ら自身も世界中の糧食を食べられる事を楽しんでいるようでその雰囲気が視聴者にも伝わってくるので好感がもてます。
少しでも興味を持たれた方は一度ご覧になってみては如何でしょうか。
因みに日本の戦闘糧食は世界一美味しいと言われているらしいですよ(トッカグン談)。
一度世界の戦闘糧食を食べ比べてみたいものですね(`・ω・´)

今回は管理人オススメのユーチューバーについてお話をさせていただきました。
トッカグンについては上記の他にも全国の視聴者から寄せられる「支援物資」の動画が定期的に公開されておりそちらも面白いので何時かは語ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です