湖池屋 ポテトの素顔のカロリーや味について

2020年5月13日

湖池屋 ポテトの素顔

本日は湖池屋から販売されている「ポテトの素顔」というお菓子についてレビューを行います。

こちらの製品は味付けに塩分が一切使用されていないという何ともヘルシー?なポテトチップスです。

実際に湖池屋のポテトの素顔を食べてみた感想としては、素材由来の香ばしい香りや甘みが美味しく感じられるヘルシーで美味しい製品でした。




何度でも食べたいうまい製品です(´・ω・`)

ただしカロリー自体は一般的なポテトチップスと変わりはありませんので食べすぎには注意しましょう。

こちらのポテトチップスのカロリーや値段、味の評価については下記に記しますのでよろしくお願いします。

目次

「湖池屋 ポテトの素顔」の詳細

値段128円(近所の小売店価格)
内容量68g
熱量385キロカロリー
たんぱく質3.1g
脂質24.5g
炭水化物38.1g
食塩相当量0.04g
原材料馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)・植物油


本製品の製造工場では特定原材料中、卵・乳・えび・かにを含む製品を生産しています。

湖池屋 ポテトの素顔のパッケージの記載内容について

ポテトチップスのパッケージ裏

湖池屋は、じゃがいもにこだわりうまみのある皮の部分をうすく残して美味しさを逃さないポテトチップスを作っています。
素材がいいからこそ味付けをあえてしない素揚げのポテトチップスをつくりました。

まずは、すっぴんのポテトチップスを味わいそのあとはお好みの調味料や塩加減でオリジナルにお楽しみください。

ポテトの素顔の概要について

湖池屋のポテトチップスのパッケージ裏

湖池屋 ポテトの素顔について調べてみると、以前はローソン限定で販売が行われていた様です。

今回私が購入をした販売店は、近所のチェーン店のスーパーなので以前ローソンで取り扱われていた物とは若干違うのかもしれません。

ネットで画像検索をしてみるとパッケージのデザインについても、ローソンで販売されていた製品と私が購入をしたものとでは少し違っています。


また、内容量についてもローソン版が「70g」、スーパーの方は「68g」となっており少し違っています。

ネット上だけではあまり詳しい情報は分からなかったので何とも言えませんが、販売店の限定は無くなったのでしょうか(´・ω・`)?

見た目の印象について

湖池屋のポテトチップス

パッケージ表には馬鈴薯と本製品「ポテトの素顔」の写真が掲載されています。
テーマカラーは鮮やかな黄色。


ポテトチップスと同調する自然な配色です。


パッケージの背面には本製品と一緒に様々なスパイスや調味料が掲載されています。

ナビスコのリッツパーティー的な感じですね。


パッケージを開封するときつね色のポテトチップスが姿を見せます。
見た目には普通の製品との違いがわかりません。

厚みについても普通ですね。
薄くも厚くもありません。

香りを確認します

美味しそうなポテトチップス

香ばしく揚がったジャガイモの香りを感じます。

良い意味で想像通りの香りではありますが、調味料が使用されていない状態のポテトチップスという事で、逆にあまり嗅いだことの無い匂いかもしれません。

ポテトの素顔の味を確かめます

味の付いていないポテトチップス

湖池屋のポテトの素顔はパリッとした食感が美味しいです。


味付けに関しては本当に塩分がありませんが、食感が良いので味は付けなくても十分に美味しいです。


噛めば噛むほどじゃがいも由来の自然な甘みをかんじますね(´・ω・`)

今後はポテトチップスとコーラの組み合わせから、ポテトの素顔と炭酸水というヘルシーな組み合わせの食べ方が流行るかも(´・ω・`)!?

点数やコスパ、全体的な満足感について

たくさんのポテチ

湖池屋 ポテトの素顔に点数をつけるのであれば100点満点中の79点です。

予想通りの仕上がりではありましたが、堅実な仕事が気に入りました。


本製品は日頃の食事で減塩に取り組まれている方にもおすすめをする事ができるお菓子だと思います。


ポテトの素顔は素焼きのナッツ類のようにおつまみにもピッタリだと思います。

ただしカロリー自体は普通のポテトチップスと大差はありませんので食べすぎには注意が必要です。

「湖池屋 ポテトの素顔のカロリーや味について」の総評

美味しいポテトチップス

本日は湖池屋から販売されているポテトチップス「ポテトの素顔」についてのレビューを行いました。

実際に味を確認してみた結果としては、塩分が添加されていなくても素材の旨みを感じられる中々に良い美味しい商品で、また食べたいと思える内容に仕上がっておりました。


そのまま食べても十分に美味しい本製品ではありますが、オリジナルの調味料にディップしたり振りかけたりするアレンジレシピを楽しむことが可能な点も、こちらのポテトチップスの魅力の一つです。

皆さんも本製品で自分だけのオリジナルの味付けのポテトチップスを作ってみてはいかがでしょうか。


ただし一度に多量に食べてしまうとカロリーオーバーにつながりますので注意が必要ですよ(´・ω・`)


ポテトの素顔は以前はローソンで限定販売されていたと伺っておりますが、私自身は近場のスーパーで入手しました。


気になる方はご自身の近所で売ってないかを確かめてみてください。


またAmazonなどの通販サイトでの取り扱いが無いかも確認をしてみてください。


今後も湖池屋のポテトチップスやその他メーカーのお菓子類についてのレビューを行いますのでよろしくお願いします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス

立川マシマシ ウマ汁こってりマシライスのカロリーや値段について | 日清

美味しそうなカラムーチョ

エナジーカラムーチョとドライカラムーチョを食べ比べてみた | カロリー・値段

3箱の男の極旨 黒カレー

男の極旨 黒カレーはうまい? | 価格やカロリーについて

匠旨 タンドリーチキン味

「匠旨 タンドリーチキン味」という東ハトのお菓子を食べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA