ハイパーヨーヨーの思い出

2019年5月1日

黄色いハイパーヨーヨー

「ハイパーヨーヨー」は私が子供の頃に流行った玩具で、私も友達と一緒に遊んだ事があります。
ハイパーヨーヨーが流行していた頃は「コロコロコミック」でこちらの商品を題材にした漫画「超速スピナー」(※今でも一部で非常に人気のある漫画)が連載されており、その影響もあって当時の小学生を中心に爆発的に人気が高まっていきました。

当時は今では当たり前となっているAmazon楽天等のネット通販も無い時代でしたので、欲しいものがある場合は専ら近所のハローマックトイザラス等のおもちゃ屋に直接行き購入をするという方法で入手をしていました。
しかし、人気が故に売り切れの商品が続出してしまい、おもちゃ屋へ行っても自分の欲しい種類やカラーの物が中々手に入らないという状況も当時は多くありました。
お値段も大体当時でも2~3000円台位の物が多く小学生にはちょっと高いと感じたことを今でも覚えています。
またトリック(技)の練習を行っていると段々とストリング(糸)が消耗していき最終的には切れてしまうので買い替えが必要になるのですが、そのストリングがまた地味に高いんです。小学生にとっては(´・ω・`)
お金の話ばかりになって申し訳ないので一旦話を切り替えます(´・ω・`;)

目次

ハイパーヨーヨーの魅力と使用感について

ハイパーヨーヨー

ハイパーヨーヨーの最大の魅力は見た目の格好良さ扱いやすさにありました。
見た目?と思うかもしれませんが、子供にとって見た目は非常に重要なんです(´・ω・`;)
因みに当時の私は「ハイパーブレイン」「ステルスレイダー」等の機種を愛用していたのですが、私の使用していたハイパーブレインはボディが青色の物でとにかく見た目がカッコイイので一目惚れをして買ったのを覚えています。
このハイパーブレインはスリーピング(空転)の勢いが弱まると自動で手元に戻ってくるという優れもので初めて使用した際にはヨーヨーの概念を変えられた画期的な商品でした。
ただ、少し残念だったのは自動で戻ってくるという特性故に「東京タワー(技名)」等のストリング系のトリックを行う際にはそれが仇となってしまい失敗するケースが多いという点です。

それとは逆にステルスレイダー自分で引かないと手元に戻ってない従来どおりの商品でストリング系のトリックが行いやすい、尚且つ独特のすり鉢状の形状をしており手に馴染み扱いやすいというのが特徴です。
ただこちらの商品は独特の形状故に長時間の使用をすると手が痛くなってくるという点がデメリットとしてありました。
大人になった今であれば問題ないのかもしれませんが、子供の時の肌感覚と手の大きさ的には少々持て余し気味だった様に思います。
それ以外にも特徴的な製品が多くあり、皆自分に合った機種をチョイスして遊んでいました。

ハイパーヨーヨーブームの終焉と現在

格好いいハイパーヨーヨー

基本的にブームはそれ自体が一過性のものでしかないので、ただ単に飽きられて終わったというのが世間の実情ですが、私の周りでは別の理由でハイパーヨーヨーが終わりを迎えることとなりました。
同級生の一人がヨーヨーの練習中に目を怪我して周囲で使用を控えようという流れになったのです。世間では当時はまだブームの真っただ中でしたが突然の終焉となりました。

ヨーヨー自体や怪我をした同級生が悪いという訳ではもちろんありません。
当時はまだヨーヨー黎明期であったのでそういった事が起こりうるという認識が物を売る側にも、買う側にも薄かったのが大きな原因で注意喚起や防護に対する認識が甘かったなと今では思います。
ハイパーヨーヨー自体は今でも出回っており、今後もしヨーヨーで遊びたいとお考えのかたはその様な点は注意をしてください。

その他、黎明期に名を馳せた「中村名人」やヨーヨーの現在についても触れたかったのですが、思った以上に長くなってしまったのでそちらは次回以降にしておきます。
大して中身の無い文章なのに…(´・ω・`)

関連記事

右を向いている女性

公開記事数が10記事を突破した記念

blog

公開記事数が50を突破した記念

炙り焼豚の極太つけ麺のパッケージ

ファミマのつけ麺 炙り焼豚の極太つけ麺

ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートNで長年悩まされた大人ニキビが治った件

フローズンスイーツ スイートポテトのパッケージ

「赤城 フローズンスイーツ スイートポテト」を食べてみた

ミョウバンと匙

夏の臭い対策にお勧め!ミョウバン水について

あらびきチョリソーソーセージのパッケージ

「あらびきチョリソーソーセージ」を食べてみた

「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」のパッケージ

「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」を食べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です