無鉄砲のカップ麺を食べてみた | 濃厚豚骨ラーメン | ローソン

2020年3月15日

無鉄砲のカップ麺

本日はローソンで販売されているカップ麺「無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン」についてのレビューを行います。
こちらのラーメンはあの有名ラーメン店の無鉄砲とローソンがコラボして生まれた商品になります。

各界の人気者同士が手を取り合ったこちらカップ麺がまずい訳が無い!
そんな夢のコラボカップ麺「無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン」の味をこれから確認していきます。


まず最初に実際に食べた味の感想を書きますが本製品は中々にうまいカップ麺で、少なくとも値段(200円)以上の味である事は間違い無いと感じました。

万人におすすめできる仕上がりです(´・ω・`)

その詳細については下記に記しますのでよろしくお願いいたします。

ローソンで販売されている若武者とのコラボカップ麺「特濃旨辛鶏台湾」についてのレビューについても公開をしておりますので、併せてお読みいただけると幸いです。

目次

「無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン」の詳細

値段 200円(税抜)
内容量 102g
熱量 403キロカロリー
たんぱく質 9.5g
脂質 11.7g
炭水化物 64.9g
食塩相当量 6.4g
ビタミンB1 0.31mg
ビタミンB2 0.36mg
カルシウム 484mg
原材料に含まれるアレルギー物質 小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

無鉄砲についての概要

カップ麺の成分表

無鉄砲は京都府木津川市に本店を構える超人気のラーメン店です。
京都以外にも大阪と東京にも店舗を構えており、その他にも奈良やオーストラリアにもグループの系列店を出店しています。

こちらのラーメン店は店舗での飲食以外にもお持ち帰りや通販なども行っておりますので、気になる方は一度サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

ローソンのラーメンの見た目の印象について

ローソンのカップラーメン

黄、赤、黒を中心とした配色は「無鉄砲」という商品名通りの男性的なデザインですね。
一昔前のラーメン屋にありがちなイメージです。

無鉄砲のカップ麺の香りを確認します

良い香りがするラーメン

豚骨由来の野性的な香りを感じます。
苦手な人もいるかもしれませんが、こちらのカップ麺からはそこまで豚骨の癖は強く感じません。

実際に無鉄砲の店舗で出されているラーメンについては食べた事が無いので分かりませんが、本製品に関してはコンビニ販売するという事を前提に味や香りの設計をされていると思いますので、ある程度万人受けを狙った構成になっていると思います。

味を確認します

美味しそうなラーメン

まずはスープからいただきます。
ローソンの濃厚豚骨ラーメンのスープは見た目通りのこってり寄りではありましたあが、そこまで極端に重くもありませんでした。

スープには結構とろみがあり、丁度良い塩梅の深みのある味わいになっています。

うまい(´・ω・`)

こちらのラーメンには具材は殆ど入っていませんでした。
小さな肉のスライスがほんの数枚だけです。

ちょっと寂しいですね(´・ω・`)

無鉄砲のカップラーメンの風味は想像していた以上に癖も無く非常に食べやすいです。

使用されている麺は細めの縮れ麺で、コシが強めでうまいです。
とろみのついたスープとよく絡みますね。

もう少し具材が豊富であれば尚良かったかなと思います(´・ω・`)

無鉄砲のカップ麺の満足度やリピートの有無について

派手なデザインのカップラーメン

商品名に「濃厚豚骨」とある為にかなり癖の強い部類の味、香りを予想してはおりましたが、実際には無鉄砲のカップ麺はそういった食べづらさを感じさせるような風味は無く万人に受け入れられる味の構成に仕上がっていたと思います。

個人的な味の評価としてこちらのラーメンはバランス感覚に優れた商品で、割と優等生な仕上がりになっていたと感じましたが私としてはもう一歩踏み込み、あえてある程度の癖を残した本格的な仕上がりに挑戦して欲しかったという気持ちもあります。

まあコンビニでもマーケティングなどを考えると販売対象が限定的になりすぎる個性的すぎる商品は中々作れるものではないと思いますが…(´・ω・`)

私はまだ本物の無鉄砲のラーメンを食べた事はありませんが、このカップラーメンを食べ終えた後は実店舗で販売されているラーメンの味についても興味が湧きました。

職場の割と近くにあるので今後行ってみようかしら…(´・ω・`)

点数やコスパについて

ローソンで販売されている濃厚豚骨ラーメンの点数は100点満点中の75点です。

こちらのカップ麺が75点となった理由としては純粋に味が良かったからという加点要素と、同時にパンチが少し足りないという減点要素が合いまったが故の数字です。

完全に個人の趣味趣向ではありますが万人に向けた物を多く製造し取り扱うコンビニの商品である事を考えれば、ある意味では100点だったとも言えるかもしれません。

コンビニの商品はどうしても相手をする層が広すぎてどっちつかずな状態になりがちですからね(´・ω・`)

そういった意味では無鉄砲のカップ麺「濃厚豚骨ラーメン」は枠組みの中でありながらも割と攻めた製品だったのかもしれません。

税抜で200円という値段なのでコスパは結構良い商品だと思います。
コンビニで売られている今どきのカップ麺は案外価格が高い物が多いですからね(´・ω・`)

そう考えるとこのローソンとコラボしたカップラーメンは値段と同等以上の価値が十分にあるコスパ的にも優れた商品だと言えると思います。

「無鉄砲のカップ麺を食べてみた | 濃厚豚骨ラーメン | ローソン」の総評

濃厚豚骨ラーメン

本日は日本を代表するコンビニチェーンのローソンと、同じく日本を代表する人気ラーメン店無鉄砲がコラボして生まれたカップ麺「濃厚豚骨ラーメン」についてのレビューを書きました。

本家無鉄砲の味については未だ知りませんが、こちらのカップラーメンの味については中々にうまい万人におすすめ出来る仕上がりとなっておりました。

個人的には味にもう一癖あれば尚良かったとも思いましたが、そこはコンビニチェーンの製品という事で致し方ありません。

更に本格的な味をお求めの方は、無鉄砲の実店舗へ足を運ばれるか通販を利用することをおすすめ致します。

今後もコンビニの商品やカップラーメンなどについてのレビューを行って参りますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

グードッグ チリビーンズ

ローソンのホットドッグ「GOOODOG(グードッグ)チリビーンズ」を食べてみた | LAWSON

ファミリーマートのトルティーヤ

【トルティーヤ】ファミマのチーズタッカルビを食べてみた | 種類・食べ方・カロリー

ローソンのフレンチトースト

ローソンのフレンチトーストのカロリーや味について | コンビニ・スイーツ

炙り焼豚の極太つけ麺のパッケージ

ファミマのつけ麺 炙り焼豚の極太つけ麺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA