ローソンのチーズバーガーを食べてみた | ハンバーガー | コンビニ

2020年3月27日

ローソンのチーズバーガー

本日は大手コンビニチェーンのローソンで販売されているチーズバーガーについてのレビューを行います。

こちらの製品はサンドイッチ・ロールパンのコーナーに置かれているハンバーガー系商品の一種類になります。

同コーナーではチーズバーガー以外にも新商品の「海老かつバーガー」や「グードッグ」、「包みピザ」シリーズなども取り扱っています。


まず結論を先に書きますが、実際にLAWSONのチーズバーガーを食べてみた感想としては、まずい訳ではありませんがそこまで美味しい商品ではありませんでした。

販売されている値段を考えるとまあ妥当な仕上がりにも感じますが、ローソンには安くてもクオリティの高い「包みピザ」の様な商品もある事を考えると、こちらのハンバーガーにはどうしても物足りなさを感じてしまいます。

詳細については次項で記しますのでよろしくお願いいたします。

過去に行ったレビューについても下記よりご覧になっていただけると幸いです。

・三元豚の厚切りロースカツサンド
・あんバタ かすたーどロール
・若武者 特濃旨辛鶏台湾
・GOOODOG(グードッグ)チリビーンズ
・GOOODOG(グードッグ)とろけるコク旨チーズ
・包みピザ マルゲリータ

目次

「ローソンのチーズバーガー」の詳細

値段 198円(税抜)
熱量 313キロカロリー
たんぱく質 14.7g
脂質 15.1g
炭水化物 31.2g
糖質 27.9g
食物繊維 3.3g
食塩相当量 1.89g
原材料に含まれるアレルギー物質 卵・小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉
原材料 ハンバーグ・パン・玉葱ピクルス入りケチャップ・チーズ/イーストフード・乳化剤・V.C・調味料(アミノ酸等)・酸味料・ph調整剤・グリシン・酢酸(Na)・糊料(増粘多糖類)・加工澱粉・乳酸Ca・香辛料・着色料(カラメル・カロチノイド・ウコン)・香料・ミョウバン・フィチン酸

■ 商品のサイズは直径が9cm、高さが5cm程度です。
■ 温め時間は1500Wで20秒、500Wで60秒程度です。

ローソンのチーズバーガーの見た目について

ローソンのハンバーガーのパッケージ

パッケージには肉厚で美味しいなチーズバーガーの写真が記載されています。
実物もこんな見た目をしてれば文句はありません。

期待を胸にパッケージを開封してみると…まあこんな物かというビジュアルのチーズバーガーが顔を見せます。
パッケージの様にチーズがバンズとハンバーグの間からはみ出しているという事は残念ながらありませんでした。

まあそれでもバンズはふっくらとした見た目をしており形は結構綺麗ですね(´・ω・`)

見た目については及第点といった感じです。

香りを確認します

ローソンのチーズバーガーのパッケージ裏

パッケージを開封すると玉ねぎの香りを強く感じます。
良い匂いです。

その他には小麦の香ばしい香りとトマトの様な酸味のある匂いを感じました。
全体的には酸っぱい匂いが強く感じられます。

ローソンのハンバーガーの味を確かめます

美味しそうなチーズバーガー

コンビニやスーパーで販売されている値段の安いハンバーガーの場合、物によっては一口目の段階では口の中にはパンとハンバーグの端っこだけしか口の中に入ってこないという事もありますが、ローソンのチーズバーガーについてはそんなことは全くありませんでした。

一口目からパティは勿論、チーズやトマトソースといったこちらのハンバーガーを構成する全ての素材を味わう事ができました。

味については全体的にソースの酸味が主体となっており、その中にチーズや肉の旨味が加わります。

二口目以降も特に印象は変わりませんでしたね。


肝心の味自体はそこそこうまいとは思いますが、パッケージを見て抱いていたレベルには到達していませんでした。

こちらのチーズバーガーで使用されているパティは見た目も味もかなり安っぽく大して美味しくはありません。

よくあるお弁当用などの安物の冷凍ハンバーグの味に近いですね。

本品からは驚きや発見等は特にありませんでした(´・ω・`)

グードッグの様にローソンが勝負に出た商品では無いですね。

因みに、こちらのハンバーガーの中に固形のピクルスは入っていませんでした(ケチャップソースの中には使用されている模様)。
ピクルスが苦手という方には朗報かな(´・ω・`)?

全体的な満足感やリピートについて

ハンバーガーの断面

ローソンのチーズバーガーはまずい訳ではないが再度購入をしたいと思えるほどのクオリティでもありませんでした。

差し入れなどで貰った場合等では喜んでいただきますが、自身で率先して購入をしたいとは思いません。

何より使用されているパティの質が低い事が一番の問題ですね。

チーズやバンズであれば自身のアレンジ次第ではまだ何とか化ける可能性もありますが、ハンバーガーにとっての一番の主役であり味の決め手ともいえるパティの部分がこの出来では挽回の仕様がありません。

コンビニの製品であるという事を加味すれば美味しい部類にはギリギリ入るかもしれませんが、ローソンの持つポテンシャルを考えるとやはり物足りなさを感じざるを得ません。

ローソンのハンバーガーの点数やコスパについて

ふっくらとしたチーズバーガー

ローソンのチーズバーガーに点数を付けるとすれば100点満点中の「69点」です。
無難にうまいがそこまでの魅力もありませんでした。。

この味では70点以上はあげれないですね(´・ω・`)

本製品を買うのであれば、スーパーやコンビニのパンコーナーに置かれている100円程度の安いハンバーガーを買った方がコスパ的には余程良いと思います(温めて食べれば同程度の味わいになります)。

その他のサンドイッチ系商品のクオリティが高いだけに、チーズバーガーの仕上がりには少しがっかりとした気持ちになりました。

「ローソンのチーズバーガーを食べてみた | ハンバーガー | コンビニ」の総評

チーズバーガー

本日は人気コンビニチェーン ローソンで販売されているチーズバーガーについてのレビューを行いました。

実際にこちらの製品を味わっていた結果としては、非常に微妙な仕上がりに物足りなさと残念な気持ちになりました。

味、値段共に普通で特出した褒めどころがありませんね(´・ω・`)

書く事が本当に思いつかないです…。

とは言えこちらのハンバーガーは決してまずいという訳でもありませんので気になる方は一度実際に味を確認してみてはいかがでしょうか。

今後もローソンやその他コンビニチェーンの商品のレビューを行って参りますのでよろしくお願いいたします。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

ローソンの包みピザ

ローソンの包みピザ マルゲリータを食べてみた | コンビニ・LAWSON

来来亭のカップ麺

ファミマの来来亭 こってりラーメンを食べてみた | カップ麺 | コンビニ

炙り焼豚の極太つけ麺のパッケージ

ファミマのつけ麺 炙り焼豚の極太つけ麺

ファミマのベイクドチーズケーキのバウムのパッケージ

ファミマのベイクドチーズケーキのバウムを食べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA