Googleアドセンス取得までの流れ

2019年12月31日

喜んでいる男女

結果から言いますと、私はGoogleアドセンスの審査は一発で取得をする事が出来ました。
アドセンスの審査結果については一般的には1日~2週間程度の期間を要するとされておりますが、私の場合は申請から約12時間後に合格の通知をいただきました。

アドセンスの取得の為に特別な事等はしておりませんが、ある程度気を付けていた事等もございますので、その事についてお話をしたいと思います。

目次

Googleアドセンス取得の為に意識をした事

Googleアドセンス取得の為のポイント

私の場合はかなり慎重を期して50記事の作成が完了するまでの間はアドセンスの申請は控えました。
とは言っても一度落ちた後でも申請は可能ですので、

50記事を作成すると言う事は中々骨の折れる仕事ではありましたが、単純に不合格の通知を貰いたくないという一心でせっせと記事の作成を行いました。

私はRPGでもやたらとレベルを上げてから次のステージへ進みたがるタイプなので、50記事の作成もあまり苦ではありませんでしたが、そういった作業が苦手という方であればもっと早い段階(20~30記事程度)で一度トライしてみるのも一つの手だと思います。

1記事の文字数

笑顔の女性

記事の文字数についても私なりのルールを設けて作成を行いました。
本ブログの場合は最低でも2000文字というルールで記事を作っております。
2000文字という数字に対しては特に明確な裏付けや根拠がある訳ではありませんが、結局のところ余りに文字数の少ない簡素な記事では私程度の文章力ではGoogleから評価をされる記事を書く事は難しいと考えましたので、多すぎず、少なすぎずの2000文字という数字を一つの目安として用いてまいりました。

まあ一部例外的に文字数が少ない記事も存在しておりますが…。

結局のところ最近ではこの2000文字では飽き足らず、1記事で3000文字を超えるのが当たり前になりつつあります。
物事のディティールを説明していくと自然と文字数が増えてしまいますね(´・ω・`)

記事のクオリティ

本を読んでいる女性

本ブログ内で取り扱っている記事のテーマは様々ですが、どのテーマの記事であっても自身の体験を書く様にしております。
そうすることで他のブログには無いオリジナルの文章を書く事が出来ます(まあ当たり前の事ですが)。

自身の体験を自身の言葉で書いていく事で自然と文章力の向上も期待できますし、ちょっとした事であってもしっかりとした内容、文字数の文章を書く事が出来るようになります。

そんな感じである程度文章を書く事に慣れておくと、リライトの際等にちょっと追記したい場合等でもサラッと長文を書く事が出来るようになります。

アルコール等の禁止コンテンツは書かない or 書いてもNO INDEXに設定しておく

WARNING!

Googleアドセンスの規定にはアルコールに関するコンテンツを禁止する規約が存在しております。
必ずしもアルコール関係の話題を記事内で扱うのは一切禁止という訳では無い様ですが、規約を読む限りではその枠組みや線引きが若干曖昧で今ひとつ分かり辛いところがあります。

中途半端な理解度で記事を書いてしまい規約に抵触してしまっては困りますので、解釈に自身の無い方の場合は禁止されているコンテンツに関してはアドセンスの取得が完了するまでの間は無難なテーマを選んで記事を書いていくことをオススメ致します。

因みに、アドセンスに合格をした後であればお酒等の禁止コンテンツを書いても大丈夫です。
その理由としては、アドセンスの管理画面内で任意のページに広告表示の可否の選択が可能になりますので、そういった禁止コンテンツを扱うページにのみ広告を出さない設定にしておけば良いからです。


しかしそれでもアドセンスの取得前に禁止コンテンツの記事を書いてしまう場合もあると思います。
そんな時は記事を消さなければならないのか…と思うかもしれませんがそんな事はありません。
アドセンス合格前に禁止コンテンツを書いてしまった場合は該当する記事を非表示にしていただいた後にGoogleからのインデックスを「noindex」にしていただければ問題ありません。

記事を「noindex」にする方法は簡単です。
サーチコンソールの「URL削除ツール」を使用し一時的にコンテンツのURLの登録を削除します。

サーチコンソールの登録が未だという場合は先に登録をしておきましょう。

「URL削除ツール」の使い方

  • ①まずはサーチコンソールの「URL削除ツール」にログインします。
    サーチコンソールの登録が未だという方はそちらの登録から先に行ってください。

    ログイン後には「一時的に隠す(Temporarily hide)」のボタンをクリックします。

  • ②現れた検索窓の部分にGoogleからのindexを削除したいページのURLを入力します。

  • ③入力が完了したら「継続する(Continue)」のボタンをクリックします。

  • ④「リクエストの種類(Request type)」で「キャッシュからURLをクリアし、検索から一時的に削除します(Clear URL from cache and temporarily remove from Search)」を選択し「リクエストを送信(Submit Request)」をクリックします。

  • ⑤こちらに該当のURLが表示されていれば成功です。
    反映までには数分程度の時間差がありますのでご注意ください。

プライバシーポリシーはコピペでOK

何かを閃いた女性

Googleアドセンスに合格をする為には必ず事前にプライバシーポリシーの宣言を行うページを用意しておく必要があります。
こちらについてはアドセンスのページやその他のブログサイトでも使用されている宣誓文をそのままコピペで使用しても問題ありません。
本ブログで使用している文章についても「ハルト」さんのブログで公開されていたものをそのまま使用させていただきました。

プライバシーポリシーのページの作成自体はどのタイミングでも構いませんが申請を行う前には必ず公開を行う様にしてください。

審査前にはその他のアフィリエイト広告等は外す

広告やリンクについては巷でも色々と言われてはいますが、実際の合否にはあまり関係は無いと思います。
まあ何かあったら怖いので一応外しておくという感じでしたね。私の場合は(´・ω・`)

実際に余所の会社の広告を貼ったままで申請を行いそのまま合格をしたという方もいらっしゃる様なので、気にならないという方であればわざわざアドセンスの申請の為に広告を外さなくても大丈夫だと思います。

ご自身で判断をしてください。

「どんちゃんねる」の動画を参考にする

私がアドセンス取得の為に参考にしたものとしては、YouTubeの「ドンちゃんねる」さんが公開をしている「【ブログの始め方】まずは1円を目指す簡単な仕組化(初心者の方向け)」という動画を参考にさせていただきました。

50記事を目安と言うのもこちらの動画を参考にしての結果となっております。
上記に該当動画のURLを貼っておきますので気になる方は一度ご覧になってみてください。

「Googleアドセンス取得までの流れ」の総評

メモを取っている人

本日はGoogleアドセンスの取得の為に実際に私が行った作業等についてお話させていただきました。
まだブログを始めたばかりでアドセンスは未取得と言う方や、これからブログを始めようとされている方にとって少しでもお役に立てていれば幸いです。

Googleアドセンスは準備さえしっかりしておけば誰でも合格をする事が可能です。
もしも一度落ちてしまったという方であっても、コンテンツの内容を改善していけば幾らでもチャンスはありますのでネットの情報等を参考にしながら頑張ってみてください。

それでは今日はこの辺で(´・ω・`)ノマタネ

関連記事

グローバル社会

アダルト業界とSEO会社との関係などについて

空に掲げられた拳

ブログの収益化はまだまだ先?公開記事数が60記事を越えました

乾杯

大阪駅前ビルにある居酒屋を巡ってみた | せんべろ

観葉植物とノートパソコン

Jqueryが動かない時は記述場所を確認しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA