WEB業界への未経験からの転職活動の体験談

2019年9月16日

キーボードとコーヒーと眼鏡とクッキー

前回の「WEB業界へ転職を考えている方が知っておくべき事 | Webデザイナー・HTMLコーダー」ではWEB業界で働くために必要な事についての概要的な記事になりましたが、今回の内容はそこから更に話を進めてより具体的なWEB業界へ転職する為の方法を、私自身の経験なども踏まえてご説明していきたいと思います。

世間ではWEB業界はやめとけ等とよく耳にしますが実際に転職をしてみた結果などについてを下記に記します。

これから本格的に「WEB業界への転職活動を行う予定だ」という方には是非一度読んでおいて欲しい内容となっております。

本テーマの記事を最後まで読んでいただく事でスキルの低い方や未経験の方でも最終的にはWEBデザイナーやHTMLコーダーの職に就くことが可能になると思います。

目次

私がWEB業界へ転職した方法

macのキーボード

他の記事でも少しお話したことがあると思いますが、私は現在のWEB制作会社に勤める以前はSEO会社に勤務をしておりました。
SEOに関しては具体的にどういったものであるかはWEBの学校の方でも学んだ事があったので、ある程度知識としては把握しておりました。

しかし、私自身が本来目指していた仕事はWEBデザイナーやHTMLコーダーの仕事でしたので、当初の目標から考えると若干畑違いの仕事をしていたという事になります。

では何故私がSEO会社で勤める事になったかと言うと、それは単純にWEB制作会社への就職が上手くいかなかったからです。

本来であれば私としても最初からWEB制作会社で働きたいという思いがありましたが、当時の私のスキルでは採用を勝ち取る事が出来ませんでした。

初めてのWEB業界への転職活動での経験

フローリングに置かれたキーボード

制作会社への転職活動で何度も落ちまくっていた当時の私のスキルレベルはというと、HTMLやCSS、JqueryにPhotoshop等を本当に基礎レベルで使用できるという程度の物でした。

エントリーの際には就活用に作成したホームページのURLを添付し自身の経歴等を長文で書いて必死な思いで「やる気アピール」等も行いましたが、良くて面接まで。


普段は面接を受ける事すら出来ずに、お祈りメールを頂く日々でした。
本来であれば私の最初に作成をしたサイトをこちらで紹介したいところではありますが、諸事情によりお見せ出来ないのが残念です。

結局は目に見えない「やる気」等よりも「スキル」が重要視されるんですよね(´・ω・`)

WEB業界で初めて採用された業種について

スマホとコーヒー

最終的にWEB制作会社へのエントリー自体は10社もしておらず、そのまま継続して受け続けていれば何れは何処かの会社で採用を勝ち取る事自体は出来たかもしれません。

しかし、実際に就職活動をした事のある方であれば分かると思いますが不採用が続くと本当に疲れるんですよね(´・ω・`)
それは精神的には勿論肉体的にも、経済的にも徐々に疲労と焦りが蓄積されていきます。

そんな中で一社でだけ採用を頂くことが出来たのですが、それが別記事でも書いたSEO会社だったのです。

SEO会社で働く事となった決め手

黒いキーボード

正直SEO会社は私の目標としていた業種では無かったのでかなり迷いました。

実際に採用を頂いた後も一ヶ月程の間返事を待たせていただき最終的に経済的な理由で何時までもダラダラと転職活動を続ける事が困難でもあった為、本意ではありませんが就労を決めたというのが実情です。


因みに、じゃあそもそも何故SEO会社を受けたのかと言うと、募集の内容では「WEBデザイナー募集(未経験可)」という様に書かれていたからです。

そうでなければSEO会社を受けようなどとは思わなかったと思います。
面接に行ってみて初めてSEO会社での仕事の内容(具体的にはサテライトサイトの作成等)について説明を受け、私が思っていた内容の仕事とは大きくかけ離れていた為に非常に困惑した事を今でも覚えています。

私のWEB業界への転職活動の中で得た教訓等について

真剣な表情でパソコンを操作している女性

以上のように私にとっての初めてのWEB業界での転職活動は不本意の連続であり、妥協という着地点で幕を閉じる事となりました。

しかしそれと同時に、WEB業界での就職や転職の難しさを身をもって知る事が出来て良かったとも思いました。

この就職活動で得た教訓が現在まで抱き続けている自身への危機感にも繋がっており、結果的に私が後々に様々なスキルを身に着ける事になる切っ掛けにもなっています。


また、畑違いとは言えSEO会社で扱うスキルも基本的にはWEB制作会社と同じHTMLやCSS、Photoshopになります。

最初からWEB制作会社に拘り、色々と困窮してジリ貧になるよりは「業界歴」も得られるSEO会社へ就職する事もある意味では賢い選択かもしれないとも今では思います。

ただし、その場合は出来る限り早くSEO会社を脱出して制作会社の方へ移る事が重要になりますが…。
最終的には時間の無駄なので…(´・ω・`)

「WEB業界への未経験からの転職活動の体験談」の総評

こちらを見つめる女性

今回は私自身のWEB業界への転職活動での実体験をお話させていただきました。

現在制作会社への就職を希望しているが、就活で連敗中…という方は参考にしていただければ幸いです。
少し遠回りをしてしまいますが、SEO会社等を一度経由すればかなり確実に、そして着実に制作会社へ近づくことが出来ます。

SEO対策会社であれば割と簡単に手早く就職を決める事が出来るので経済的にも悪くない選択肢ですし、そこでの経験は「経験者」や「経験何年」という後々の就活で本当に役に立つモノを得る事も出来ます。

今回はSEO会社を経由してのWEB制作会社への就労の例をご紹介致しましたが、それ以外の方法でのWEB制作会社への参入方法等についても、また次回以降の記事中で書いていきたいと思います。

関連記事

円グラフ

サテライトサイトとは | 作成方法などについて

「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」のパッケージ

「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」を食べてみた

大阪市の美術館

美術館でバイトをやってみた

植物とノートパソコン

Jqueryが動かない時は本体の記述を確認しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA