ブログを書き始めて気づいたこと

2019年7月7日

まだ書き始めて15記事程ですが実際にブログを始めて気が付いた、更新をしていく際に意外と手間がかかる作業や苦労する点を少しだけではありますが書いていきたいと思います。
まず現在私がブログを書いていく際に苦労をしている点は下記の二点になります。

・文字の修飾が面倒
・連続して書き続けることが出来るネタが少ない

文字の修飾が面倒

文字の修飾に関しては未だ手探りでこれといった自分なりのパターンは見いだせないでいます。
他のブロガーさんの記事を読んでいると特に難しそうには見えないのですが、実際に自分で書いてみると意外とこれが難しいんです。

文字修飾や構成についてはただ闇雲に記事を書き続けるだけでは中々成長に繋がらず効率が悪いので、他の方のブログも参考にしながら勉強中です。
その際に気づいた点としては、他のブロガーさんの記事は私の記事とは構成が全然違っており上手くパターン化され、文章全体が非常にリズム感の良い「読ませる」構成になっているように感じました。
具体的には「項目のリスト表示」「画像やバナー」を割りと多用しており画面全体で見ていて飽きが来ないよう、抑揚の効いた美しい配列がなされています。
今後は私も記事の中に上記の様な項目を積極的に取り入れ、誰が読んでも気持ちよく最後まで目を通してもらえる様な記事作りをしていきたいと思っています。

連続して書き続けることが出来るネタが少ない

当ブログのカテゴリーにもあるように「SEO対策会社」「絵」等をテーマとした記事については私の実体験に基づいた内容のある文章を書く事が可能だと思っています。
しかし、それ以外のジャンルとなると中々数を発信できる分野が少なく、只今悪戦苦闘中です。
どこに向かえばいいのかを今はまだ自分でも良く理解しておらず、とりあえず手当たり次第に色々な文章を書き倒しているのが現状です。
ある意味ではこういった葛藤の暴露も「ブログの書き方に迷っている」という一つのジャンルになって良いのかもしれませんね。情けない話ではありますが(´・ω・`)
色々と見切り発車で始めた当ブログではありますが、その辺りも掘り進めながらやっていきたいと思います。

ブログを始めてみて意外だった事

逆に思っていたよりも簡単だった事は、ブログを開始する前は毎回1000文字以上を用意するのは大変なんじゃ(´ω`)…と思っていましたが特にそんな事は無く、スラスラと書けてしまう点です。
1000文字以上という所に目標を設定していたのは何か根拠があったという訳ではなく、あくまでも一定以上の水準の記事を作成していく為の目安として定めていた個人的な目標の数値です。
ブログを開始する以前は結構高いハードルと思っていましたがやってみると案外すんなりとクリアできてしまいます。

因みに1000文字が難しそうと思っていた理由としては私が以前勤めていたseo会社の記事部の方々が結構大変そうにされていたからです。
ただ、今思えばそれも当然で、私とは書いている内容が全然違っていたからなんですよね。
詳しい事はまた別の機会に改めて説明を致しますが、簡単に言うとseo対策会社で書かれている記事は基本的には実体験に基づかない虚構の出来事である場合が多いので、たった1000文字のテキストを用意するだけでも大変だった様です。

外部SEO対策の特性上、嘘の文章を書きながらもGoogleを騙すほどの矛盾点の少ない、纏まりのある文章に仕上げないと駄目なので時間がかかってしまうんですね。
大変だ(´・ω・`; )

私の場合と今後の課題

私の場合は基本的には実体験しか書いておらず、過去の経験を文字に起こしていくだけだったので予想より簡単だったんですね。
更に私は毎日の仕事でパソコンを使用しており、タイピングのスピード事態もそれなりにある方だったので尚簡単に感じたのかもしれません。
私がブログを続けていく事のの本当の難しさを知るのはまだこれからかもしれませんね(´・ω・`)
記事の作成自体には多少慣れてきたので(本当に多少です)20記事を過ぎた辺りからはキーワードプランナー等のツールを導入し、よりSEOに配慮した質の高い記事を書いていく事が今後の目標であり課題でもあります(`・ω・´)

ブログを書き始めて気づいたことのまとめ

今回は実際にブログを始めてみて気が付いた事について焦点を当てて記事を書きました。
迷いや弱音のぼやきばかりでしたが、本記事が今後ブログを始めてみようという方にとって少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です