縮毛強制を自宅で行うメリットについて

2019年6月20日

髪を触る女性

梅雨を迎え夏に向かうこの時期に気になる事といえば…湿気ですよね。
湿気の少ない春先までは髪型もばっちり決まっていた!という方でも、夏を目前とした今の時期だとなかなかセットが難しいという方は多いのではないでしょうか。
また、癖っ毛の人であればドライヤーやヘアアイロン等で毎日懸命に髪の毛を伸ばしていたとしても外に出るとすぐに髪型が崩れてしまうという方も多いのではないでしょうか。
雨の日なんかは本当に湿気が多くて困りますよね(´・ω・`)



少しの湿気で髪がうねってしまうような強い癖毛の方には本当に辛い季節です…。
そんな方にお勧めしたいのが、縮毛強制です。
縮毛強制は美容院に行けば基本的には誰であっても受ける事が出来る施術で癖の強い毛質の方であっても、本当に別人の様にサラサラのストレートヘアを手に入れる事が出来る素晴らしい美容法なんです。

私は縮毛強制に出会って人生が変わりました。いや本当に(´・ω・`)
但し縮毛強制にはいくつかの注意点があるのでそちらについても後述で説明をしていきたいと思います。

目次

縮毛強制の魅力とは

ヘアカタログを眺める女性

まず縮毛強制の魅力は上述の通り、癖の強い髪質の方でもサラサラヘアを手に入れる事が出来る点です。
癖毛に比べて髪がサラサラな人は見た目の清潔感が全然違います。
癖毛がコンプレックスという人であれば、縮毛強制をするだけで自分に自信を持てる様にもなります。
もちろん人によって、それぞれコンプレックスを感じる度合いも違いますので一概には言い切れませんが。

また、縮毛強制の利点は他にもあり、朝起きた時の髪型の崩れ(つまり寝癖)具合等もだいぶ軽減されますので朝の通勤・通学前の慌ただしい時間の中でもある程度余裕を持って身支度をする事が出来る様にもなります。
髪のセットなんて…と思うかもしれませんが平日であれば基本的には毎日しなければならない事なので、その事に対する負担が軽減されるという事は非常に重要なことであると私は考えています。
まあ単純に、髪型をセットする時間が短縮される事によって朝に寝ていられる時間が増えるというだけでもとても大きな意味がある事なんです。私にとっては(´・ω・`)
その事を一人でも多くの方に知って欲しいという思いから今回の記事を書いております。

縮毛強制とストレートパーマとの違について

髪の長い女性

縮毛強制は有用なのはなんとなく分かったけど、結局縮毛強制って何?
ストレートパーマとは何が違うの?という風にお思いの方も中にはいるかもしれませんので簡単に説明を致します。

ストレートパーマを使用すると髪の毛がサラサラのストレートヘアになる…という見方で間違いではありませんが、正解でもありません。
字面だけを見ると癖毛を真直ぐにするようなイメージを抱きそうになりますが、実際には以前かけたパーマの癖を専用の「薬剤」を使用してリセットする為に使用されるパーマの事をストレートパーマと呼ぶのです。
なので元々生まれつきの癖のある髪質の方にストレートパーマ使用してもストレートヘアになる事はありません。


癖毛の方がストレートヘアを夢見てストパーを当てたとしても、短期間の間(数日間程)の間だけ髪質がサラサラとした感じにはなりますが、癖自体は殆ど改善されませんし時間とお金の無駄です。
つまりストレートパーマとは元々髪質が真直ぐな方が事前に当てていたパーマを落として元の真直ぐな髪質に戻る為に使用するという類のものなのです。基本的には(´・ω・`)

ストレートパーマが薬剤を使用するだけなのに対して縮毛矯正の場合は、「薬剤」に加えて髪を伸ばすための「アイロン」を使用して施術を行います。
縮毛矯正の場合はヘアアイロンを使用して「ストレートな癖」を与える・定着させる事が出来るので「髪が伸びて縮毛矯正が当たっていない部分が増えてくる」までの間は髪がサラサラの状態を維持する事が出来ます。

覚えれば非常にお得な自宅での縮毛強制!

綺麗な女性

ここまで縮毛矯正についての簡単な説明を行ってまいりましたが、では実際に施術を行うとなると費用や時間はどの位必要なのかという点が気になりますよね。
しかし、その辺の事はお店毎の値段設定や施術を受けられる方の髪の長さ、髪質などにもよってマチマチなので明確な数字を挙げる事はできません。
それでも一つ言える事は、縮毛矯正は美容室で受ける施術の中では基本的にはかなり値段の高い施術である事は間違いありません。
少なくとも万単位のお金が必要ですし、時間も数時間は拘束されます。

そんな出費が今後一生、定期的に必要となると困りますよね。
かといって癖毛を放置していると雨の日や湿気の多い季節には外に出歩くだけで大きなストレスにもなります。
気になっている人とのデートをする際などにも、本来の自分のベストな状態でお出かけをする事が叶わず上手くいかない…なんて事にもなるかもしれません。

これら全ての問題を解決してくれる方法が、自宅での縮毛矯正になります(´・ω・`)

自宅で縮毛強制をする場合のメリットとは

女性の後ろ姿

自宅で縮毛矯正を行う事の一番のメリットと言えば、やはり費用面の部分が一番大きと思います。
私も以前は美容室を利用して縮毛矯正をしていたのですが、その時は一回の施術で毎回15000円以上の出費となっており(女性に比べて髪が短いので費用が安い。それでもこの値段です。)かなりの負担となっておりました。

そこで、何とかしてこの出費を抑える事は出来ないものかと考え、探し、ついに見つけた方法が通販でプロ用の薬剤を購入し自身の手でアイロンを当て髪を伸ばすという方法でした。
幸い私の場合は美容室で何度も施術を受けていましたので見様見真似ではありましたが、必要なプロセスや手法は把握していたので初めての自身への施術の際も大きな問題も無く綺麗に当てる事ができました。
髪が綺麗な女性 自分で施術をする場合は、必要となる費用は薬剤費のみなので(私の場合は元からヘアアイロンを持っていた為。持っていない方でも数千円もあればそれなりの物が手に入ります)一回当たりの施術費用は1000円程度で済むようになりました。
薬剤自体は某有名通販サイト等で安価で入手する事が可能なのでご自身で探してみてください。
私が縮毛強制を当て直す目安としている基準は、ある程度時間が経って髪が伸びてしまい纏まりが少し悪くなってきたなぁ~と感じる頃合いで再度当てるようにしています。
なので年間で3~4回程縮毛矯正をかけています。


仮に年4回、1回あたり15000円の縮毛矯正を美容室で行っていた場合は年間で60000円の出費が以前であれば必要でした。
しかし自宅で縮毛強制をする様になった現在では、1回あたり大体1000円程度なので年4000円程の出費で済むようになりました。
今では1年間に必要な費用の全てを合わせても以前の1回分の3分の1にも満たないので金銭的には非常に助かっています。

自宅でのセルフ縮毛矯正は施術をする際の拘束時間的にも優れています。
わざわざ自宅からお店へ向かう為の身支度の必要もありませんし他のお客さんとの兼ね合いでの待ち時間も存在しません。
待ち時間も存在せず自分の為だけに自由に時間を使う事が出来るので、お見せよりも手早く施術を終わらせることが可能な点も自宅で縮毛矯正を行う事の大きな利点の一つと言えます。

自宅で縮毛強制をするメリットについてのまとめ

ヘアアイロンを使用している女性

今回は自宅で縮毛矯正を行う事のメリットについての記事となりました。
強い癖毛に困っており、毎度高い出費を我慢しながらも美容室で施術を行っているという方は、本記事を参考に一度セルフでの施術に挑戦をしてみてもいいかもしれませんね。

しかしここで一つ注意点を挙げるとすると、ご自身で施術を行う場合は使用する薬剤に書かれている用法、用量をまもって安全に気を付けて行ってください。
部屋の換気や薬剤を髪に浸透させる為の時間、初めて使用する薬剤に対しては自身の髪や皮膚への事前のパッチテストを行い自己責任である事をしっかりと認識して行いましょう(´・ω・`)

関連記事

もちっと食感の汁なし担々麺のパッケージ

ファミマの担々麺を食べてみた | もちっと食感の汁なし担々麺

BLOG

ブログ100記事を達成 | 収益やユーザー数について | 副業

ミニ四駆のコース

ミニ四駆の思い出

冬のチョコパイ<深みミルク仕立て>の箱

冬のチョコパイ<深みミルク仕立て>を食べてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA