SEO対策会社に施策を依頼をする会社の業種について

2019年5月6日

グローバル社会

前前回の「web業界のひとつであるSEO対策会社で働いてみた」
前回の「SEO対策会社が作成するサテライトサイトについての説明」
に引き続きSEO対策会社での業務についてのお話等を中心とした内容にさせていただきます。
以前の記事を未だご覧になられていない場合はまずは上記の記事から先に目を通しておいていただけますと、SEOへの知識やSEO対策会社に関しての理解もより深まると思います。

本日の主な内容はSEO対策会社と相性の良い意外なクライアントの業種や働き始めたきっかけ、会社の同僚にはどういった人が多いのか等についてお話をさせていただきます。
今後SEO対策会社へ就職をお考えの方には予め知っておいていただきたいお話になりますので、ご興味のある方は是非最後まで見ていってください(´・ω・`)

目次

SEO対策会社と実は相性抜群な意外なクライアントの業種について

二つのパソコン

まずSEO対策会社と最も相性が良く、結果的に取り扱い件数の多い案件というのは風俗関係の業種という事になります。
もちろんそれ以外の街中で看板を出しているような一般の企業さんの案件も多数取り扱ってはいるのですが、それでもSEO対策会社と風俗業界とは案件数も非常に多く切っても切れない関係であることは事実です。
もちろん風俗業種の案件を一切受けていないという会社も中にはあるとは思いますが、私の働いていたSEO対策会社では非常に多くの風俗案件を取り扱っていましたので、そちらでの経験を元に本記事を書いていきたいと思います。

誤解のない様に説明を加えさせていただくと、SEO対策会社自体は別に風俗関係の仕事という訳では決してありません。
あくまでもSEO対策会社そのものはweb関係の業種の1つであり風俗案件はあくまでもクライアントの業種の1つに過ぎません。

しかしそれ故に、当然風俗関係の案件を取り扱っているSEO対策会社に入社をした場合は営業、ライター、制作等どの部署であっても風俗関係のワードを業務内で取り扱う事となりますので事前の認知と理解が必要となります。
事実、入社前の時点での理解が足りず、「とりあえず入ってみたは良いが風俗案件を取り扱う事に対して強い抵抗があり耐えられない」等という理由で入社後間もなく退社をされる方も風俗案件を扱っているSEO対策会社においては非常に多く、先日入社したばかりの人が気付いたら既にやめていたなんて事は日常茶飯事でした(´・ω・`:)

こういったこと自体は他の業種でもしばしば見られる光景だとは思いますが、風俗案件を取り扱っているSEO対策会社においてはその比率が他の業種と比較しても非常に高い傾向にあると言えます。
ご自身のキャリアを無駄にしたくないのであればその辺りの事についてしっかりと事前に踏まえた上での就業の選択をオススメ致します。
因みにSEO対策会社への定着の目安として大体3ヶ月くらいが一つの分かれ目になると思います(´・ω・`)

上記でSEO対策会社が風俗案件と圧倒的に相性の良いという事についてのご説明を致しましたが、ここではその理由についても簡単に解説をさせていただきます。
風俗業界というものは基本的には表立って広告を出すことが出来ません。(※ホームページや風俗の専門誌、紹介系のサイト以外で広告を出すことを風営法で禁止されている為)
それ故に、ネットでの集客をSEO(※MEO)での自社ホームページの上位化に頼らざるをえないのです。
以上の事からSEO対策会社と風俗業界との組み合わせはお互いの売り上げの為にこれ以上ない程の相性の良い組み合わせであるということが言え、取り扱い件数が多いことも必然の結果であると言えます。

SEO対策会社で働き始めた理由

白いパソコン

本項ではこれまで散々SEO対策会社は風俗案件と相性が良いという趣旨で話を進めてまいりましたが、やはりそういった案件を取り扱う事には抵抗があるという方が殆どだと思います。
かく言う私もそうでしたし、その様な業種を仕事で取り扱った事は一度もありませんでした。
今ではある程度耐性は付きましたが、それでももう一度以前の会社に戻って風俗関係の案件を担当したいかと言われれば「No」と迷わず言ってしまいます。

では私や、私と同じ職場で働いていた方たちが何故その様なSEO会社で働いていたかと言うと、ネット上の求人では風俗案件の取り扱いについての記載が一切されていなかったからです。
そら当然できませんよね(´・ω・`)
私の場合は「webデザイナー募集(未経験可)」という趣旨の文言に惹かれて応募したのですが、その会社の面接時に初めて風俗案件についての説明を聞かされました。
正直かなり迷いましたし、事実2週間ほど返事を保留しました。
その間に他のweb制作会社へ応募をしたのですが、まだまだ未経験の為実力、実績不足でどこにも入れず今後の生活もあるので次が見つかるまで一旦働いてみるか」という背に腹は代えられないという状況での入社でした(´・ω・`;)

私は制作関係の求人で応募をしましたが、その他の部署においても状況は同様で基本的には面接までの間に事前の告知等は一切されていません。
もし風俗案件を扱う会社では絶対に働きたくないという方は応募前のメールでのやりとりの時点で事前に必ず確認を取る事を強くオススメします。

SEO対策会社で働いている人の特徴など

デジタルワールド

風俗案件を取り扱っている会社というとなんとなく怪しい雰囲気を感じますが、少なくとも私の勤めていた会社の従業員は本当に普通の方達ばかりでした。
私の在籍時でいえば平均年齢は20代後半程と非常に若くフレッシュな職場で男女比は以外にも女性がやや多めという印象でした。
それと何故か男女ともにスマートで見た目の割と良い方が多かったことも印象深く覚えています。
これに関しての理由は未だに不明です(´・ω・`;)

SEO対策会社に関しましては基本的に上述の様に離職率が高く定着率が非常に悪い職場となっているので、常に新しい人材を求めている環境と言えます。
なので言い方は悪いですが、私の以前の勤め先では会社にとっても従業員にとってもお互いに使い捨てで雇っている、又は働いているという感じがありました。
その為、web業界の経験が浅い人にとっても入りやすいサイクルの早い業種と言え結果として職場の年齢層が若くなりがちなのだと思います。

「SEO対策会社に施策を依頼をする会社の業種について」のまとめ

今回はSEO対策会社で施策を行うクライアントについてのお話をさせていただきました。
意外な業種の取り扱いに驚かれた方も多いのでは(´・ω・`)
ただし、全てのSEO会社が風俗案件を受けている訳ではありませんし、上記で紹介した以外にも「不動産関係」や「洋菓子」、「スポーツ用品」に「スマホ関係」等取り扱う業種は多岐に渡りますので、気になる方は事前に面接時などに予め確認をしておくことをオススメします。

「web業界のひとつであるSEO対策会社で働いてみた」
「SEO対策会社が作成するサテライトサイトについての説明」

関連記事

朽ちた建物

阪神・淡路大震災の記憶

カップヌードル カニCREAM BIGのパッケージ

カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグを食べてみた

デジタルな雰囲気の画面

現在のSEOに関する基礎知識

編集中の画面

釣り系YouTuber「健啖隊」について

BLOGと書かれた木片

公開記事数が30記事を突破した記念

美味しそうなトムヤムシュリンプヌードル

ヤムヤム トムヤムシュリンプヌードルを食べてみた

髪を触る女性

自宅で縮毛強制をするメリットについて

改札前

通勤中の戯れ言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です